テーマ:VATS

自発呼吸を伴う非挿管式ビデオ補助胸部手術と挿管式ビデオ補助胸部手術の比較:14 件の無作為化比較試験に基づくメタ分析

・ビデオ補助胸部手術(VATS)では、一般的に全身麻酔下で気管挿管を行う。しかし、どうしても挿管関連の合併症を引き起こし、術後の回復過程を長引かせてしまうことがある。徐々に、非挿管式ビデオ補助胸部手術(NIVATS)が利用されるようになってきた。しかし、その安全性と有効性については議論の余地がある。 ・Cochrane Libra…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胸腔鏡手術後の胸部傍脊椎ブロックと胸部硬膜外麻酔の鎮痛効果の比較 メタ分析

・現在までに、胸腔鏡下手術後の胸部硬膜外麻酔(TEA)と胸部傍脊椎ブロック(TPVB)の鎮痛効果と副作用について、決定的なエビデンスはない。本研究では、発表された無作為化臨床試験(RCT)のメタ解析を行い、胸腔鏡手術後の TEA と TPVB の鎮痛効果を解析した。 ・PubMed、EMBASE、Cochrane library …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然気胸に対するビデオ補助胸腔鏡下手術中の自発呼吸と人工呼吸の比較:無作為化試験

・自発呼吸によるビデオ補助胸部手術(SV-VATS)は、人工呼吸による VATS(MV-VATS)と比較して、術後の回復に優れた、あるいは同等の効果があると報告されている。しかし、SV-VATS によるブレブ摘出術の周術期の安全性は完全には示されていない。 ・年齢 16 歳から 50 歳の原発性自然気胸患者を対象に、SV-VATS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肺癌に対する肺切除における非挿管と挿管によるビデオ補助胸腔鏡手術の比較:メタ分析

・本研究の目的は、肺切除術における非挿管(NIVATS)と挿管式ビデオ補助胸腔鏡手術(IVATS)の安全性と実現性を比較することである。 ・8 件の研究のメタ分析を行い、肺切除時の肺葉切除術または肺分節切除術に際しての 2 つのアプローチの実質的な効果を比較した。 ・その結果、NIVATS を使用した患者は、IVATS を使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビデオ補助胸部手術後の術後回復の質と鎮痛に対する全身性リドカインの有効性:無作為化比較試験

・術中全身投与リドカインは全身麻酔の補助薬として広く受け入れられており、オピオイドを節約し、回復力を向上させる可能性がある。著者らは、ビデオ補助胸部手術(VATS)後の患者において、周術期の全身性リドカインが術後疼痛を改善し、回復の質(QoR)を向上させると仮説を立てた。 ・VATS を受けた年齢 18 歳から 65 歳の成人患者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビデオ補助胸腔鏡下肺葉切除術における区域鎮痛と全身鎮痛の比較:後ろ向き分析

・解剖学的肺切除のためのビデオ補助胸部手術(VATS)の最適な周術期鎮痛戦略は依然として未解決の問題のままである。胸部傍脊椎または硬膜外鎮痛としての区域鎮痛の概念は、全身オピオイド投与として使用された。著者らは、区域麻酔は、VATS 肺葉切除において非経口オピオイドによる全身鎮痛と比較して鎮痛が改善され、肺合併症の発生率の低下に関連する…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

胸腔鏡下肺葉切除術後のリポゾームブピバカインの創部浸潤と比較して胸部硬膜外はオピオイド消費量が減少

・胸腔硬膜外鎮痛(TEA)は、胸部外科手術における術後疼痛管理のゴールデンスタンダードと考えられているが、低血圧、尿貯留、出血の望ましくないリスクと関連している。最近、TEA に匹敵する代替法として、リポソームブピバカイン(LB)による手術部位浸潤が示唆されている。著者らは、肺葉切除のためのビデオ補助下胸腔鏡手術(VATS)を受ける際に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硫酸マグネシウムは、ビデオ補助胸腔鏡手術後の肺機能を改善する:無作為化二重盲式プラセボ対照研究

・肺切除手術後の肺容積の減少は避けられない。硫酸マグネシウム(MgSO4<./sub>)投与は、手術患者における筋弛緩薬と術後鎮痛剤の必要性を低減することが報告されている。本研究の目的は、ビデオ補助胸腔鏡手術(VATS)後の肺機能に及ぼす MgSO4の効果を調査することであった。 ・大学 3 次医療施設での無作為化二重…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more