テーマ:早期手術

股関節骨折後の死亡率に及ぼす手術までの時間の影響

・急性股関節骨折(AHF)患者の死亡率に及ぼす手術までの時間の影響は議論されており、どの時点から死亡率が増加し始めるかについての研究には一貫性がない。ムンダルのサルグレンスカ大学病院では、24 時間以内に手術が推奨されており、術前の最適化の時間はほとんどない。ただし、国際的には、早期手術の定義は 24〜48 時間以上といろいろである。本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者股関節骨折の管理上、手術時期と合併症には相関関係があり、早期手術は転帰に影響を与えうるか?

・高齢者の股関節骨折は通常、高い合併症率と死亡率と関連し、生活の質に影響を及ぼす。出版されたデータのレビューでは、文献の現在のガイドラインによれば、早期手術の方が良好な機能的転帰、周術期合併症と死亡率の低下と関連するため、受傷 24 時間以内に実施されるべきであることが示されている。本研究の目的は、早期手術介入と機能的転帰との間に何らか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more