テーマ:ロクロニウム

婦人科腹腔鏡手術における麻酔導入時のプロポフォールとロクロニウムの注入痛と回避運動が術後疼痛予後に与える影響:前向…

・個人間の痛みの感じ方はそれぞれ異なる可能性がある。本前向きコホート研究は、婦人科腹腔鏡手術において、麻酔導入時のプロポフォールとロクロニウムの注入痛/回避運動が術後疼痛予後に与える影響を明らかにすることを目的とした。 ・年齢 19〜60 歳の患者計 100 名に麻酔導入に際してプロポフォールとロクロニウムの注射を行った。プロポフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児におけるロクロニウム筋弛緩後の拮抗薬追加投与に関する危険因子:後ろ向き症例対照研究

・小児における筋弛緩の残存の有病率および危険因子は、まだ十分に明らかにされていない。著者らは、小児において、ネオスチグミンによるロクロニウムの初回拮抗後の追加拮抗の実施には、特定の患者および麻酔薬の危険因子が関係していると仮定している。 ・2017 年から 2020 年にかけて、ロクロニウムとネオスチグミンによる拮抗薬投与を受けた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中等度のロクロニウム誘発性筋弛緩を回復させるためのアダムガマデクスの患者への投与について

・本研究は、手術患者におけるアダムガマデクスの有効性、安全性、薬物動態を検討するものであり、四川大学西中病院臨床試験倫理小委員会により承認されたものである。 ・年齢 18〜64 歳の患者 48 名を、ロクロニウム 0.6mg./kg 誘発性筋弛緩の拮抗を目的として、アダムガマデックス(2、4、6、8mg./kg)またはプラセボを …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロクロニウム誘発性逃避運動の予防に必要なアルフェンタニル投与とロクロニウム投与の時間間隔について

・ロクロニウム注入に伴うる疼痛による離脱運動を 50% の確率で防止できるアルフェンタニル投与とロクロニウム投与の時間間隔(TimeAR50)を明らかにすることを目的とした。 ・全身麻酔を予定していた患者 64 名を本研究に登録した(男性 33 名、女性 31 名)。プロポフォールの目標制御注入により、効果部位目標濃度 3 μg/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎手術を受ける高齢患者におけるスガマデクスまたはネオスチグミンによるロクロニウム拮抗後の回復の比較:無作為化比較…

・研究の目的は、腰椎後方手術を受ける高齢患者において、ロクロニウム筋弛緩(NMB)後の回復の速度と質に及ぼすスガマデクスの効果をネオスチグミンと比較して評価することであった。 ・本無作為化比較試験には、全身麻酔下に待機的手術を受ける予定の患者 40 名(年齢≧65 歳、ASA PS II/III)が対象となった。ロクロニウムによる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャルコー・マリー・トゥース病におけるロクロニウム誘発のスガマデクス不応性呼吸麻痺

・非脱分極性筋弛緩薬投与後の術後呼吸麻痺の長期化は、シャルコー・マリー・トゥース病(CMTD)患者の麻酔管理上、重大な懸念事項である。最近の報告では、CMTD 患者にロクロニウムを使用し、その拮抗にスガマデクスを使用した場合に呼吸麻痺が発生しなかったという報告もある。今回、未診断の 1A 型 CMTD(CMT1A)患者において、ロクロニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎手術を受ける患者の術中神経生理学的モニタリングに及ぼすロクロニウム投与量の影響

・術中神経生理学的モニタリング(IONM)は、臨床現場で広く用いられている。したがって、脊椎手術の麻酔に必須の筋弛緩薬が IONM に及ぼす影響は注目に値するが、用量反応効果を評価した無作為化試験はない。本研究では、臭化ロクロニウムの異なる用量が、術中の運動誘発電位(MEP)モニタリングに及ぼす影響を検討した。 ・無作為化二重盲式…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

80 歳以上の患者における筋弛緩:前向き対照研究

・ますます多くの年齢 80 歳以上の高齢者が麻酔を受けることが増えているが、この患者集団における筋弛緩薬の薬力学的効果に関する情報はほとんどない。本研究の目的は、年齢 80 歳以上の患者におけるロクロニウム筋弛緩の時間経過を若年者のそれと比較することである。 ・プロポフォールとスフェンタニルによる静脈内全身麻酔下で、年齢 80 歳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔におけるロクロニウムの補助剤としての硫酸マグネシウムの有効性:メタ分析

・硫酸マグネシウムは、全身麻酔におけるロクロニウムの補助剤として有効であると考えられる。その有効性を明らかにするためにメタ解析を行った。 ・PubMed、Embase、Web of Science、Cochrane Library、WanFang、Chinese Biomedical Literature、China Nation…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロクロニウムはi n vitroで P2Y1 2受容体経路を介して血小板機能に抑制効果があり、スガマデクスによって…

・ロクロニウムは、麻酔や集中治療に広く使用されているアミノステロイド非脱分極性筋弛緩薬である。本研究では、in vitro でロクロニウムがヒト血小板機能に及ぼす影響を調査した。 ・血小板凝集、P-セレクチン発現、血小板中の環状アデノシン一リン酸(cAMP)値に及ぼすロクロニウムの影響は、それぞれ凝集計、酵素免疫測定法、フローサイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年齢 80歳以上の患者におけるロクロニウム 0.6 mg/kgの効果発現時間と作用持続時間:若年成人との比較

・高齢者数は増加しており、これらの人々の大部分は手術と麻酔を必要とする。ただし、年齢 80 歳以上の患者のロクロニウムに関するデータはほとんどない。この研究の目的は、若年成人と比較して、年齢 80 歳超の患者におけるロクロニウム 0.6 mg/kg の効果発現時間と作用持続時間を調査することであった。 ・本前向き観察研究には、静脈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鼻骨骨折の徒手整復後の成人におけるサクシニルコリンとロクロニウム-スガマデクスの覚醒時興奮の比較:前向き無作為化対…

・スガマデクスは、ロクロニウムによる筋弛緩からの迅速な回復を可能にする。サクシニルコリンはしばしば短時間の手術に使用されるが、筋肉痛、頭痛、ヒスタミン放出、乳酸値の増加に関連している。そこで、サクシニルコリンが覚醒時興奮(EA)に影響を与える可能性があるという仮説を立て、全身麻酔下で鼻骨骨折の徒手整復を受けた患者の EA に及ぼすサクシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深い筋弛緩のためのロクロニウム持続注入:系統的レビューとメタ分析

・ロクロニウムは、拮抗剤スガマデクスとの結合関係により、使用が増加している筋弛緩薬である。その持続注入は、より深いレベルの筋弛緩(NMB)の維持に役立ち、毎日の外科麻酔の改善された安定した解決策を保証する。これは、高度の筋弛緩(PTC 0-2)のためにロクロニウム持続注入を使用する場合の、ロクロニウム注入に関する現在のアプローチと、モニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開におけるロクロニウムとスキサメトニウムの手術条件:無作為化試験

<ハイライト> ・分娩に際しての筋弛緩の深さと手術条件を調査する研究。 ・ロクロニウムは、胎児分娩の条件を有意に改善した。 ・同様の合計時間で、ロクロニウムは切開から分娩までの時間を短縮する。 <要旨> ・帝王切開でロクロニウム vs スキサメトニウム投与後の効果発現時間と挿管条件が評価されてきたが、これまで、これらの筋弛緩薬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロクロニウムの効果発現時間に及ぼすプロポフォール注入速度の影響

・プロポフォールの投与、特に急速投与は、患者の心拍出量を様々な程度に低下させる。心拍出量は、神経筋接合部内の有効薬物濃度の増加に影響を及ぼし、筋弛緩薬の効果発現時間に影響を及ぼし得る。本研究は、プロポフォールの異なる注入速度が、患者の心拍出量とロクロニウムの効果発現時間に及ぼす影響を調査することを目的とした。 ・合計 90 人の患…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スガマデクスを用いた重症慢性腎臓病患者におけるロクロニウムによる筋肉弛緩からの回復時間の延長

・血漿クレアチニン濃度により推定される腎機能障害がロクロニウムにより誘発される残存筋弛緩(RNMB)の危険性を増大させること、そして様々な程度の腎機能障害下でのスガマデクス(SGDX)の投与量と筋弛緩からの回復との間にはおそらくなんら関連性がないであろうことが知られている。しかしながら、糸球体濾過率(eGFR)によって推定された腎機能に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

持続注入と間欠的ボーラス投与による小児のロクロニウム必要量の比較:無作為化比較試験

・小児外科手術中のロクロニウム投与を最小限にすることは、残存筋弛緩を減少させるのに役立つ。本研究の目的は、間欠的ボーラス注入(ボーラス群)と持続注入(群)のどちらががより少量のロクロニウムを必要とするかを調査することであった。 ・2017 年 3 月から 6 月まで大学病院単施設での無作為化前向き単盲式対照試験で、全身麻酔を受ける…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔下における気管挿管時のレミフェンタニルの最適な筋弛緩効果

・本研究は、レミフェンタニルの用量が筋電図によるロクロニウムの発現時間に与える影響を調査するために行った。 ・本後ろ向き比較研究には、定時手術のために全身麻酔を受ける 75 人の患者が含まれた。患者にリドカイン(40mg)とプロポフォール(2mg/kg)を投与し、続いてロクロニウム(0.6mg/kg)を、生理食塩水注入(S 群)、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビデオ喉頭鏡を用いた急速気管挿管に及ぼす低用量ロクロニウムの効果:無作為化二重盲式対照研究

・本研究の目的は、ビデオ喉頭鏡を用いた急速気管挿管時の低用量ロクロニウムの臨床効果を調査することであった。 ・耳鼻科手術を受ける患者 98 例を、無作為に以下の 2 群に分けた:L 群ではロクロニウムを 0.3mg/kg(n=49)、C 群ではロクロニウム 0.6mg/kg (n=49)を用いた。ロクロニウム投与 60 秒後に、ビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サクシニルコリン vs ロクロニウムによる救急科挿管成功率:全国緊急気道登録研究

・救急部(ED)での迅速挿管を容易にするために、サクシニルコリンとロクロニウムの両方が使用されているが、それらの挿管成功率の差は不明である。著者らは、サクシニルコリン vs ロクロニウムによって補助された ED 迅速導入の初回試行での挿管成功率を比較する。 ・著者らは、全国緊急気道登録(22 箇所の ED で実施された全ての挿管に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢患者におけるロクロニウム誘発筋弛緩の発現に及ぼす心拍出量の影響

・本研究の目的は、高齢患者でロクロニウム誘発筋弛緩の発現と動脈圧に基づく心拍出量(CO)との間の関係を解明することであった。 ・年齢 65~83 歳の 40 人の高齢患者を本研究に登録した。麻酔導入後、尺骨神経四連刺激に対する拇指内転筋の収縮を加速度筋弛緩モニターで評価し、CO 測定後にロクロニウムを 1mg/kg 投与した。ロク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリングル操作は、肝切除術中に手術用筋弛緩を維持するのに必要なロクロニウム注入速度を低下させる

・肝切除術を受ける患者でのプリングル操作の前、中、後に手術用筋弛緩を得るのに必要なロクロニウムの持続注入速度を調べた。 ・15 人の患者を、プロポフォールによる完全静脈麻酔によって導入した。加速度筋弛緩モニターの校正後後に、患者はロクロニウム 0.6mg/kg で挿管された。初回ロクロニウム注入 15 分後、7.5μg/kg/分で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大腿内転筋の完全ブロックに必要な適切なロクロニウム投与量

・ロクロニウムは、経尿道的膀胱腫瘍切除中に閉鎖筋収縮を防止できる。大腿内転筋の完全なブロックに必要な適切なロクロニウム投与量、およびロコニウムに対する拇指内転筋の個々の反応との相関を調べた。 ・全身麻酔下で膀胱腫瘍の経尿道的切除予定の 11 例の患者を調査した。全身麻酔導入後、拇指内転筋の神経筋モニタリングと閉鎖神経の超音波ガイド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラリンジアルマスク挿入を容易にするための低用量ロクロニウムの使用

・この 2 相試験では、ラリンジアルマスク(LMA)挿入を容易にする低用量ロクロニウムの有効性を評価した。 ・第 1 相では、プロポフォール+フェンタニル+亜酸素化窒素で麻酔した 3 群の患者(それぞれ n=10)において、ロクロニウム 100、150、300μg/kg の効果発現時間を決定した。第 2 部では、ロクロニウム 10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神経筋モニタリングなしのロクロニウム筋弛緩後の術後残存筋弛緩の発生率に及ぼす拮抗戦略の影響

・電子的神経筋モニタリングは、抜管前の筋弛緩の拮抗薬必要量を調査するために、またはその後の術後残存筋弛緩(PORNB)があるかどうかを調査するために広く使用されていない。本研究の目的は、ロクロニウム誘発性ブロックの自然回復後に PORNB の発生率を調べ、スガマデクス、ネオスチグミン、プラセボの投与の場合でこれを比較することであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待機的手術を受ける若年成人と高齢者におけるロクロニウムの薬物動態と薬力学

・研究の目的は、待機的手術を受ける ASA I-III の患者で加齢がロクロニウム動態に及ぼす影響を評価することであった。 ・全身麻酔下で手術を受ける若年成人(年齢 20-50 歳、n=15)と高齢患者(年齢 65-85 歳、n=14)を調査した。全患者は、ミダゾラム、ロクロニウム、フェンタニル、プロポフォールの個別の用量の静脈内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロクロニウムを用いた強い筋弛緩の維持に及ぼす年齢の影響

・加齢は、筋弛緩の作用時間延長と関連している。本研究の目的は、ロクロニウム誘発性筋弛緩からのテタヌス刺激後カウント(PTC)の回復に及ぼす加齢の影響を調査することであった。 ・22 人の若い成人(年齢 20-60 歳)と 22 人の高齢成人(年齢>70 歳)の患者が本研究に登録された。フェンタニルとプロポフォールで麻酔を導入した後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡手術を受ける健康な患者のロクロニウムによる筋弛緩からの回復に及ぼす気腹の影響

・本研究では、腹腔鏡下腹部手術を受けた健常な患者で、ロクロニウムによる深い筋弛緩からの回復に及ぼす気腹の影響を調べた。 ・腹腔鏡下腹部手術を受ける 30 人の成人患者を研究した。プロポフォール 1.5mg/kg、アルフェンタニル 12ug/kg、ロクロニウム 0.6mg/kg で麻酔を導入し、2vol% セボフルラン、レミフェンタ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ロクロニウム誘発性筋弛緩の効果発現と持続時間に及ぼす性差の影響

・研究の目的は、2×ED(95)(0.6 mg/kg)の単回ボーラス投与後のロクロニウム誘発性筋弛緩の過程に及ぼす性別の影響を評価することであった。 ・倫理委員会の承認と説明と同意の後、筋弛緩を伴う TIVA 下に一般外科手術予定の患者 245 人(男性 121人、女性 124人)を調査した。ロクロニウムを 0.6 mg/kg 投…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完全静脈麻酔中のロクロニウムの薬力学的パラメーターに及ぼす年齢と性別の影響

・研究の目的は、完全静脈麻酔中の両性別の若年患者および高齢者でロクロニウム 0.6 mg/kg の薬力学を比較することであった。 ・施設倫理委員会の承認、説明と同意の後、完全静脈麻酔(プロポフォール/スフェンタニル)下に手術予定の患者を 4 研究群に分けた:年齢 20-40 歳の男性 37 名、年齢 60-75 歳の男性 40 名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more