テーマ:末梢ライン

末梢静脈ラインを介した周術期ノルエピネフリン注入後の主要合併症のリスクについての多施設研究

・周術期低血圧を治療するためのノルエピネフリンの持続注入は、通常、薬物血管外漏出時の局所組織壊死のリスクを回避するために、末梢静脈カテーテルではなく中心静脈ラインを通して投与される。末梢からのノルエピネフリンが待機的手術症例の麻酔関連低血圧に対処するために使用される場合、皮膚壊死のリスクを推定するための文献は限られている。本研究の目的は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more