テーマ:ESS

内視鏡下副鼻腔手術後の麻酔管理と麻酔後の回復

・内視鏡下副鼻腔手術(ESS)後の麻酔回復の遅延は、直後の合併症の指標となり、医療効率に悪影響を及ぼしうる。本研究は、臨床診療の改善に焦点を当てて臨床因子を検討することを目的としている。 ・2014 年から 2018 年まで全身麻酔下で ESS を受けた患者の診療録がレビューされた。コホートの麻酔回復の四分位範囲に基づいて、上位四…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機能的内視鏡下副鼻腔手術中のクロニジンまたはデキスメデトミジンによる低血圧麻酔の術野の質を改善する有効性を比較する…

・術野の激しい出血は、機能的内視鏡下副鼻腔手術(FESS)の成功に影響を与える潜在的な要因である。静脈内 α2 作動薬による低血圧麻酔は術中出血を減少させるが、いずれの薬剤が最善かは不明である。この試験の主な目的は、低血圧麻酔の現在の標準的な補助薬であるクロニジンを、最近入手可能な代替薬デキスメデトミジンと比較することであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内視鏡下副鼻腔手術における全静脈麻酔と吸入麻酔の比較:無作為化比較試験のメタ分析

・プロポフォールによる全静脈麻酔(TIVA)は、吸入麻酔(IA)と比較して、内視鏡下副鼻腔手術(ESS)中の出血を減らし、術野の質を改善するために提案されている。ESS 中の IA に対する TIVA の利点を判断するために、最新のメタ分析を実行した。 ・PubMed、EMBASE、Cochrane Library を用いて、TI…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内視鏡下副鼻腔手術における全静脈麻酔と吸入麻酔の比較メタ分析

・最適な術中手術野の可視性を達成し、出血量を最小にすることは内視鏡下副鼻腔手術(ESS)における 2 つの重要なパラメータである。このメタ分析の目的は、無作為化対照試験(RCT)のみに基づいて、これらおよび他のパラメータの優れた結果が得られたかどうかを判断するために、全静脈麻酔(TIVA)と吸入麻酔(IA)を比較することであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全静脈麻酔は、高度の慢性鼻副鼻腔炎手術中の術中視覚化を改善する:二重盲式無作為化比較試験

・全静脈麻酔(TIVA)は、内視鏡的副鼻腔手術(ESS)中の出血量を減少させる方法として提案されてきた。粘膜出血による副鼻腔視覚化障害は、高度の炎症疾患を有する慢性副鼻腔炎の症例では厄介である可能性があり、こういった疾患群での TIVA の役割を示唆している。 ・三次医療センターで ESS を受ける成人の二重盲式無作為化比較試験を…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more