テーマ:局所浸潤麻酔

SPI ガイド下の全身麻酔下に腰椎椎間板切除術後の周術期転帰に及ぼす浸潤麻酔の影響:無作為化対照前向き試験からの予…

・腰椎椎間板切除後に重度の術後痛(SPP)が発生する場合がある。 SPP を予防し、レスキューオピオイド消費量を減らすために、浸潤麻酔(IA)が全身麻酔(GA)と組み合わされている。本研究は、GA と IA の併用が、術中術後のオピオイド需要にいかに役立ち、腰椎椎間板切除術を受けた患者の SPP の発生率にどのように影響するかを検証した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TKA で局所浸潤鎮痛、末梢神経ブロック、全身・脊椎麻酔が早期機能回復と疼痛コントロールに及ぼす効果

・全膝関節形成術(TKA)後の術後疼痛管理と離床、筋力、可動範囲の強化は、リハビリと早期回復を最適化するための重要な必要条件である。本研究の目的は、初回全膝関節形成術における局所浸潤鎮痛(LIA)、末梢神経ブロック、全身と脊椎麻酔が早期機能回復と疼痛管理に及ぼす効果を分析することであった。 ・2016 年 1 月から 2016 年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全膝関節形成術における術後疼痛管理のための局所浸潤麻酔と硬膜外鎮痛:系統的レビューとメタ分析

・著者らは、膝関節形成術(TKA)における術後疼痛管理のための局所浸潤麻酔(LIA)と硬膜外鎮痛(EPA)の有効性および安全性を評価するための無作為化比較試験(RCT)の系統的レビューとメタ分析を行った。 ・2017 年 12 月、Pubmed、EMBASE、Web of Science、Cochrane Database of …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more