テーマ:術後肺炎

手術中の食道癌患者における周術期の口腔ケアによる術後肺炎の予防:775 人の患者の多施設後ろ向き研究

・術後肺炎は、食道癌手術後の主要な合併症の 1 つである。術後肺炎に関連する危険因子は、全身の健康不良、喫煙、肺機能低下、真性糖尿病、外科的ストレス、高齢、術後誤嚥、口腔衛生である。本研究では、現在までのエビデンスが明らかではないため、術後肺炎の軽減に及ぼす周術期口腔ケアの効果を調べた。 ・食道癌手術を受ける患者で、周術期口腔ケア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more