テーマ:ILMA

盲目的挿管用の導管としての新しい第 2 世代声門上気道器具(Ambu AuraGain)vs 挿管用ラリンジアルマ…

・Ambu AuraGain は、挿管を容易にするようにデザインされた、胃チャネルを備えた新しい使い捨て声門上気道器具である。本研究の目的は、Ambu AuraGain を使用して適切な留置と挿管の成功率を、挿管用ラリンジアルマスク(ILMA)と比較することである。 ・本前向き無作為化比較研究に 120 人の患者(年齢 18〜 6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頚椎が不安定な患者におけるファイバーガイド下と挿管用ラリンジアルマスク補助下の覚醒経口挿管の比較研究

・安全な気道確保技術は、不安定な頚椎(UCS)患者において、挿管に関連した頸椎の動きと、それに伴う神経学的損傷を最小限にする。UCS 患者では、FWI(ファイバーガイド下挿管)が望ましい。あるいは、挿管用ラリンジアルマスク補助挿管(ILMA-AI)は、待機的と緊急時の両方で実施可能で、専門知識が少なくても使用でき、費用効果比が高い。本研…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

模擬頚部外傷患者の気管挿管における「ガムエラスティックブジー」と「挿管用ラリンジアルマスク」による挿

・本研究では、頚部外傷を有する患者の気管挿管で、「ガムエラスティックブジー」と「挿管用ラリンジアルマスク」による挿管の有効性を評価した。 ・134 人の患者を試験に含めた。全患者は、頚部外傷を模するために頚部カラーを装着した。患者は、3 群に無作為に割り付けられた:NI 群(n=45)~マッキントッシュ喉頭鏡による挿管、GEB 群…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2 種類の異なる気管チューブを用いた Air-Q によるの挿管成功率を ILMA と比較

・Air-Q は気管挿管を容易にするために使用できる新しく導入された気道器具である。本研究の主な目的は、挿管用ラリンジアルマスク(ILMAーFastrach)を対照(I 群)として、2 種類の異なる気管チューブ(ETT)(標準ポリ塩化ビニル(PVC)とワイヤー強化 PVC)の使用が、ILMA と比較した場合、Air-Q(Q 群)を通して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頸椎固定下の経声門上気道器具挿管:初心者が使用する挿管用ラリマと挿管用ラリンジアルチューブ

・声門上気道器具は、頸椎損傷の疑いがあるか、または現に存在する外傷患者の気道管理時に重要な役割を果たす。本研究の目的は、頚椎可動性を低下させた状態をシミュレートした条件下で、以前の挿管経験がほとんどないレジデントが行う上で、挿管用ラリンジアルマスクエアウェイ(ILMA)と新しい挿管用ラリンジアルチューブを評価することであった。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more