テーマ:乳癌手術

妊娠中の重度の悪心嘔吐の既往は、乳房再建を伴わない乳癌手術後の術後悪心嘔吐の高い発生率を予測する

・術後悪心嘔吐(PONV)は、チーチンに制吐剤を投与しているにもかかわらず、乳癌手術後の患者の最大 30% で発生している。妊娠中の嘔気嘔吐の既往歴(NVP)は、帝王切開分娩における術中の嘔気嘔吐の危険因子として報告されている。それにもかかわらず、妊娠中の重度の嘔気嘔吐の既往歴(SNVP)が PONV の高い発生率のと関連しているかどう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロポフォールまたはセボフルラン全身麻酔後の原発性乳癌手術後の生存率-後ろ向き、多施設、6,305人のスウェーデン…

・後ろ向き研究により、麻酔薬の選択が癌の長期生存に影響を与える可能性があることが示されている。プロポフォールはセボフルランよりも優れているようである。しかし、これは乳癌では疑問視されている。スウェーデンの病院 7 施設から乳癌手術患者の大規模コホートを集め、プロポフォールによる全身麻酔は、乳癌の長期生存に関してセボフルラン麻酔よりも優れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乳癌手術に際しての全静脈麻酔 vs 吸入麻酔:後ろ向きコホート研究

・使用される麻酔の種類と癌再発との間の関連性は議論の余地がある。本後ろ向きコホート研究は、全静脈麻酔と吸入麻酔が主要評価項目としての乳癌手術後の無再発生存に及ぼす影響を比較した。 ・著者らは、2005 年 1 月から 2013 年 12 月までに、三次診療教育病院で、乳癌手術を受けた患者の電子カルテをレビューした。患者は、手術に際…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乳癌手術後の制御性 T 細胞に及ぼすセロフルラン麻酔 vs 等効力のプロポフォールの効果

・制御性 T 細胞表面に発現した酵素であるクラスター分類(CD) 39 と 73 は、免疫細胞を抑制することによって癌の再発と転移を促進する。著者らは、プロポフォールの方が揮発性麻酔薬よりも免疫抑制性が低いと仮説した。本無作為化試験の目的は、乳癌手術中のプロポフォールとセボフルランによる麻酔中の制御性 T 細胞上の CD 39 と 73…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VEGF-C と TGF-βの放出および乳癌手術後の予後に及ぼすプロポフォール/レミフェンタニル麻酔

・血管内皮増殖因子(VEGF)とトランスフォーミング増殖因子-β(TGF-β)は、腫瘍増殖と転移に関与している。セボフルランは血管新生を促進するが、プロポフォールは抗血管新生効果を示す可能性がある。本研究で、著者らは、乳癌手術を受ける患者で、プロポフォール/レミフェンタニルベースの全静脈麻酔(TIVA)とセボフルランベースの吸入麻酔の …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発性乳癌手術時の麻酔法が好中球/リンパ球比、血小板/リンパ球比、意図した腫瘍学的療法へ及ぼす効果

・炎症および免疫抑制は癌の病因に寄与する。増加した好中球/リンパ球比はこれらの過程を反映し、有害な癌転帰と関連している。乳癌手術に際しての麻酔法がこれらの要因、および潜在的に癌の再発に影響するかどうかは不明のままである。 ・著者らは、乳癌再発に関する麻酔法の進行中の試験に登録された患者について、二次分析を実施した。第 1 の仮説は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more