テーマ:重症筋無力症

硫酸マグネシウムは、重症筋無力症患者のダブルルーメンチューブ留置の満足できる条件に必要なロクロニウムの投与量を減らす

・挿管条件を達成するために最小用量の筋弛緩薬(NMB)を使用することは、重症筋無力症(MG)患者の胸腔鏡下(VATS)胸腺摘出術に際して麻酔管理における目標の 1 つである。ただし、挿管条件が最適でない場合、ダブルルーメンチューブ(DLT)による気管挿管は困難な場合がある。この二重盲式無作為化比較試験は、硫酸マグネシウムが DLT 挿管…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重症筋無力症患者の胸腺摘出術後の人工呼吸基準:後ろ向き的分析

・研究の目的は、重症筋無力症患者の胸腺摘出術後の術後人工呼吸の基準を調査することであった。 ・三次医療センターでの後ろ向き研究で、胸腺摘出術を受けた重症筋無力症患者 77 名を対象とした。施設倫理委員会からの承認を得た後、2005 年 1 月から 2015 年 12 月に胸腺摘出術を受けた MG 患者 77 人の診療録を後ろ向き的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more