テーマ:腹臥位

腹臥位での i-gel による盲目的挿管: 前向きコホート研究

・腹臥位での偶発的な抜管は、迅速かつ低リソースでの気道管理が必要とされる医療上の緊急事態である。酸素化を回復することが第一の目的であるが、酸素化を取り戻すために挿管が必要な場合もある。i-gel(Intersurgical Ltd, Wokingham, Berkshire, UK)を用いた盲目的挿管は、迅速かつ低リソースの方法である。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坐位と腹臥位のマネキンでの気管挿管に際しての、標準的なマッキントッシュブレード喉頭鏡、Pentax-AWS ビデオ…

・患者のさまざまな体位での挿管は、緊急時だけでなく、通常の麻酔(例:腰椎手術の腹臥位)でも行われる。 ・本研究の目的は、坐位と腹臥位に置かれたマネキンのシミュレーションシナリオで、 クラシックなマッキントッシュブレード喉頭鏡を 2 つのビデオ喉頭鏡(Pentax-AWS と Intubrite)と比較することであった。さらに、対照…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹臥位で換気された小児患者の術中無気肺に及ぼす定期的な肺胞加圧操作の効果:無作為化比較試験

・乳児では、腹臥位での全身麻酔後、しばしば酸素飽和度低下が起こる。腹臥位での全身麻酔後の乳児および小児の無気肺の予防における定期的な肺加圧の効果を評価することを目的とした。 ・腹臥位で全身麻酔(2 時間以上)を受ける小児(年齢<3 歳)を無作為化して、定期的な肺胞リクルートメントか、またはリクルートメントなしの標準ケアのいずれかを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹臥位での脊椎手術中の眼圧に対する麻酔法の影響

・目的は、全身麻酔と脊椎麻酔下での PP の腰椎手術中に眼圧(IOP)を調べ、PP のボランティアと比較することであった。 ・無作為化前向き単施設試験を実施した。患者は、PP で手術され 1〜2 箇所の脊椎分節を固定した。I 群の患者(n=30)は SA、2A 群(n=25)は、TIVA(全静脈麻酔)で 45°の頭部回転(左目は右…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仰臥位と腹臥位で頸椎手術を受ける患者で体位が PaCO2 と PETCO2 に及ぼす効果

・ASA ガイドラインによると、特に、全ての麻酔中に適切な換気を確実にするために、麻酔モニタリングの基本 STANDARD II として、呼気終末二酸化炭素分圧(PETCO2)の持続モニタリングが推奨されている。術中に動脈血中二酸化炭素分圧(PaCO2)を所望のレベルに維持するためのガイドとして、PETCO2の持続モニタリングを用いるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹臥位での偶発抜管に際しての声門上気道器具 vs チューブガイド±ブレード型ビデオ喉頭鏡

・腹臥位で頭頸部が固定されている患者の偶発的抜管に際して、緊急に患者を仰臥位に体位変換させるのは安全でない場合、緊急気道管理を行うことは非常にまれであるが、困難である。このような状況で、著者らは、ビデオ喉頭鏡を用いた気管挿管は、声門上気道器具と比較して有効な気道確保を可能にするであろうと仮定して、この仮説を検証するために無作為化交叉マネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰椎手術時の腹臥位にジャクソン手術台を使用した場合の体重が酸素化と腹腔内圧に及ぼす影響

・本研究の目的は、異なる種類の手術フレームと患者の肥満指数(BMI)が肺コンプライアンス、腹腔内圧(IAP)、酸素化に影響し得るという仮説を検証することである。患者が仰臥位の場合には、酸素化指数(PaO2/FiO2) と IAP は BMI と関連することが知られている。しかし、腹臥位、特にジャクソン手術台を使用した場合の、BMI、酸素…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PEEP を伴う高容量と低容量一回換気量の換気は、腹臥位での脊椎外科手術後の肺機能に影響を与えない

・腹臥位での脊椎手術は、胸腔内圧の上昇と呼吸コンプライアンスの低下を伴う。本研究では、腹臥位脊椎手術後に術後肺合併症(PPC)のリスクのある患者で、術中の肺保護人工呼吸が、肺機能検査で評価した肺機能を改善するかどうかを調査した。 ・PPC の潜在的リスクのある 78 人の患者を無作為に保護群(1 回換気量; 6mL/kg 予測体重…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more