テーマ:SAD 挿入

病的肥満患者で声門上気道器具の挿入のための適切な麻酔深度を評価する指標としての下顎拳上の実行可能性研究

・下顎拳上は、静脈内または吸入麻酔導入を受ける正常な成人と小児に声門上気道器具(SAD)を挿入するための適切な麻酔深度であると判断する有用な試験であると証明されている。本前向き観察研究は、セボフルラン吸入導入を受ける自発呼吸の病的肥満患者に SAD を挿入する際の適切な麻酔深度を評価する指標として使用する場合、この試験の実行可能性と妥当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more