テーマ:喉頭浮腫

気管チューブ抜管後の喉頭浮腫:リスクの想定・予防策・緊急気管切開トレーニングの必要性

 人工呼吸中の患者の呼吸パラメータが改善し、呼吸器離脱の基準を満たし、いざ抜管はしてみたものの、喘鳴と呼吸困難のため再挿管を余儀なくされる場面にしばしば遭遇する。このような時、酸素飽和度の低下がゆっくりで時間的な余裕がある場合や、再挿管が容易に可能な場合には問題にならないのであるが、比較的急速に酸素化が悪化し、しかも再挿管が容易ではない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more