テーマ:侵害受容レベル指数

術中侵害刺激後のレミフェンタニル用量段階的増加と侵害受容レベル(NOL)指標反応との相関

・疼痛監視装置(Pain Monitoring Device:PMD)モニタ(Medasense Biometrics Ltd.、Ramat Gan、イスラエル)は、侵害刺激を検出するのに最近良好な感度と特異性を示している、多パラメータ誘導指数である侵害受容レベル(NOL)指数を使用する。本研究の目的は、レミフェンタニル投与量と NOL…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レミフェンタニル-プロポフォール麻酔中の侵害受容ガイド vs 標準診療:無作為化対照試験

【このトピックについて既知のこと】:侵害受容レベル指数(Medasense Biometrics Ltd.、Ramat Gan、イスラエル)は、麻酔および手術中の中程度から激しい侵害刺激の信頼できる尺度である。 【この記事が教えてくれる新しいこと】:腹部大手術を受けた患者を対象とした無作為化試験では、標準診療法と比較して、侵害受容…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レミフェンタニル - プロポフォール麻酔中の侵害受容ガイド vs 標準治療:無作為化対照試験

<このトピックについてすでに知っていること>:侵害受容レベル指数(Medasense Biometrics Ltd.、イスラエル、Ramat Gan)は、麻酔と手術中の中程度から激しい有害刺激の信頼できる尺度である。 <この記事が教えてくれる新しいこと>:腹部大手術を受けた患者を対象とした無作為化試験では、標準治療と比較して、侵害…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more