テーマ:輪状甲状膜切開

手指触診による小児輪状甲状膜の同定の正確性と緊急前頸部アクセスに対する意義

・小児科での「挿管できない酸素化できない」シナリオでの緊急前頚部アクセスはまれである。理想的には、気道レスッキューには耳鼻咽喉科医の存在が含まれる。しかし、助力を利用できない場合、責任は麻酔科医にあり、成功には前頚部構造の正確な同定が不可欠である。著者らは、事前定義された 3 つの年齢層(37 週間から 1 歳未満、1-8 歳、9-16…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超音波で測定した輪状甲状膜レベルでの気道内腔までの深さ

・緊急輪状甲状膜切開術の前に気道までの予想到達距離を知ることができれば、測定できない場合には成功を改善するかもしれない。著者らの目的は、成人患者の大規模集団で超音波により輪状甲状膜での気道までの深さを測定することであった。 ・オックスフォードとグロスターの 2 施設での前向き観察研究で、さまざまな外科手術を受うける患者が研究された…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重症患者での CICO アルゴリズム

重症成人患者の気管挿管管理のためのガイドライン(Guidelines for the management of tracheal intubation in critically ill adults) Br J Anaesth. 2018 Feb;120(2):323-352. doi: 10.1016/j.bja.2017.10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more