テーマ:術後肺合併症

術中人工呼吸の換気頻度と術後肺合併症時:病院の登録簿調査

・高頻度換気は、呼気時間を短縮し、胸腔内圧を増加させ、動的過膨張を引き起こすことにより、静的肺緊張とおそらく肺のストレスを増加させる。高い術中換気頻度が術後呼吸器合併症と関連していると著者らは仮定した。 ・この後ろ向き病院登録簿研究では、2005 年から 2017 年までに単施設で人工呼吸器を使用して全身麻酔下で行われた成人の非心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後肺合併症の予防のための麻酔中の呼気終末陽圧:無作為化対照試験の試験逐次分析によるメタ分析

・術中呼気終末陽圧(PEEP)が術後肺合併症のリスクを減らす可能性があるかどうかは議論の余地がある。術中の PEEP が手術を受ける麻酔患者で肺合併症を減少させるかどうかを調査するために、現在利用可能な文献の系統的レビューを行った。 ・PubMed、Embase、Cochrane Library を検索して、成人の術後肺合併症につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筋弛緩の自然回復は、腹部手術後の術後肺合併症の独立危険因子である:二次分析

・中リスクから高リスクの患者では、大きな腹部手術は、主に肺の術後合併症の高い発生率を伴っている。筋弛緩薬が寄与因子として提案されているが、これはまだ証明されていない。本研究の目的は、筋弛緩管理(拮抗)と術後肺合併症(PPC)との関係を明らかにすることである。 ・「腹部手術における個別化した周術期開放肺アプローチ vs 標準的肺保護…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔下での術前検査所見による術後肺炎の危険因子

・本研究は、呼吸機能検査の結果と口腔状態に応じて、全身麻酔下での手術後術後合併症に関連する危険因子を調査するために実施された。 ・九州大学医学部付属病院で全身麻酔下で手術を受けた 471 人の患者の術前検査データを収集した。全患者で、呼吸機能検査、口腔検査、周術期口腔管理が行われた。術後合併症の発生率と危険因子を調査した。術後合併…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後換気補助の必要性の早期診断のための肺超音波:前向き観察研究

・肺合併症は、大手術後の患者の合併症率と死亡率に大きな影響を及ぼす。肺超音波はベッドサイドで使用でき、集中治療室で広く受け入れられている。高リスクの手術患者における術後換気補助の予測マーカーとして肺超音波を使用できるかどうかを評価するために、前向き研究を実施した。 ・集中治療室に入室し、大手術後に人工呼吸を受けた 109 人の患者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硬膜外鎮痛と輸血の回避は、胸部食道切除術後の術後肺合併症患者の死亡率低下と関連している:335 人の患者の後ろ向き…

・術後肺合併症(PPC)は食道切除後の最も頻繁な合併症である。本研究の目的は、食道癌患者における食道切除後の PPC と PPC に関連する 90 日死亡率の修正可能な危険因子を特定することであった。 ・これは、1996 年から 2014 年までに大学病院センターで食道切除を受けた食道癌患者 335 人を対象とした単施設後ろ向きコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開頭術および後頭蓋窩腫瘍切除を受けた患者における術後肺合併症の発生率と予測因子

・テント下脳神経外科手術は、術後肺合併症(POPC)の発症のリスクが高いと考えられており、相当な合併症と死亡率を有し患者の入院期間を延長させる。 ・2 年以上にわたって後頭蓋窩腫瘍に対して待機的手術を受けた年齢 18 歳から 65 歳までの患者をレビューした。ASA-PS、高血圧、糖尿病、甲状腺機能低下症などの併存症、喫煙歴、閉塞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肥満患者の術後肺合併症に及ぼす術中肺加圧操作を伴う高 PEEP vs 低 PEEP の効果

・肺胞リクルートメント手技を伴う術中の高レベル呼気終末陽圧法(PEEP)は、手術を受ける肥満患者の呼吸機能を改善するが、臨床転帰への影響は不明である。研究の目的は、肺加圧手技を伴う高レベルの PEEP が、低レベルの PEEP と比較して手術を受ける肥満患者の術後肺合併症を減少させるかどうかを調査することであった。 ・肥満指数≧3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔患者の術後肺合併症に及ぼす肺リクルートメント手技の効果:メタ分析

・呼吸機能は全身麻酔中に損なわれる。研究者らは、呼吸機能を保護するための効果的な戦略を見出すことにエネルギーを注いだ。低換気量、呼気終末陽圧(PEEP)、肺リクルートメント手技(LRM)は、人工呼吸器下の患者に推奨された。しかしながら、現在のエビデンスに基づいて、LRM が健康な肺を有する麻酔患者に日常的に使用されるべきであるかどうかに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心臓手術時の術中非脱分極神経筋遮断薬の使用と術後肺合併症の関連性:前向き無作為化試験

・非脱分極性神経筋遮断薬(NMBA)は、非心臓手術における周術期合併症と関連している。しかし、心臓手術への影響についてはほとんどわかっていない。本研究では、心臓手術後肺合併症(PPC)の発生率と手術条件に及ぼす神経筋遮断(NMB)の効果を評価した。 ・人工心肺を必要とする心臓手術を受ける成人患者を対象とした大学病院単施設での盲式転…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術中換気設定と肥満患者の術後肺合併症との関連

・肥満患者の術中人工呼吸に関する現行診療に関する情報は限られており、これらの患者のための最適な人工呼吸器設定が議論されている。著者らは、術中換気パラメータと肥満患者の術後肺合併症(PPC)発症との関連性を調べた。 ・著者らは、手術に際しての全身麻酔時の換気管理についての国際的な多施設共同評価(LAS VEGAS)研究から、肥満患者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肺癌切除術後の肺合併症を予測するための術前最大呼気流量(PEF):725 例の前向き研究

・本試験は、肺葉切除術を受けた肺癌患者の最大呼気流量(PEF)と術後肺合併症(PPC)との相関を調査することを目的とした。 ・非小細胞肺癌(NSCLC)と診断され、切除された患者(n=725)を前向きに分析し、術前 PEF と PPC との関係を患者の基本特性および病院における臨床データに基づいて評価した。 ・725 人の患…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心臓胸部外科手術後の術後肺合併症の診断における胸部X線と比較した肺超音波検査:前向き観察研究

・術後肺合併症は、心臓胸部外科手術後によく見られ、有害転帰に関連する。胸部 X 線を用いた術後肺合併症を検出する能力は限られており、この方法は放射線被曝を必要とする。心臓胸部手術後の肺合併症を検出する際 の肺超音波検査の診断精度についてははほとんど知られていないため、著者らは、この患者群で術後の肺合併症を検出するために肺超音波検査と胸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

患者 109360 人での従圧式または従量式換気と術後肺合併症との関連性

・著者らは、従圧式換気後の方が従量式換気後よりも、術後肺合併症の割合が高い可能性があると考えた。 ・著者らは、米国マサチューセッツ州の 3 つの病院で、術中に肺が人工換気された 109360 人の成人について周術期の記録データを分析した。多変量回帰と傾向スコアマッチングを用いた。 ・術後肺合併症は、従圧式換気後の方がよくく見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後肺合併症予測計算機の JavaScript 版

 以前に、「地域住民をベースにした外科患者集団での術後肺合併症の予測」という論文を紹介した。 Prediction of Postoperative Pulmonary Complications in a Population-based Surgical Cohort  そして、そのスコア表を基にして、スコアを簡単に計算…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「術後肺合併症予測計算機」がちょっと日の目を浴びる!?

当ブログで記事にしている「術後肺合併症予測計算機」を、清水  淳 先生 (榊原記念病院 麻酔科)が、12月に東京で行われる「第6回東京エコーラボ」という学会の講演会で、紹介してくださるそうです。 術後肺合併症予測計算機 ~術後肺合併症予測のためのスコアリング・システム ~ 清水先生、ありがとうございます。つまらないアイデア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more