テーマ:甲状腺手術

ラリンジアルマスクは、気管チューブと比較して、甲状腺手術後の術後咽頭痛の発生率を低下させる:単盲式無作為化対照試験

・喉頭痛は、気管チューブ(ETT)を使用した甲状腺手術後の著しい合併症である。多くの研究により、ラリンジアルマスク(LMA)が術後咽頭痛の発生率と重症度を低下させる可能性があることが明らかになった。ただし、甲状腺手術におけるフレキシブル強化 LMA(FLMA)の使用についてはほとんど知られていない。本研究の目的は、ETT と比較して F…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

低侵襲甲状腺副甲状腺手術のための Protector ラリンジアルマスクと気管チューブの比較

・咽頭喉頭症状は、頚部手術後の主な関心事である。Protector LMAは、新しい声門上気道器具である。本研究の主な目的は、LMA Protector の適用により、低侵襲甲状腺全摘術と副甲状腺摘出術後の気管チューブの使用よりも咽頭症状が少ないかどうかを評価することであった。 ・本前向き無作為化比較試験では、2017 年 1 月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予防的静脈内イブプロフェン適用は、甲状腺手術後の疼痛とオピオイド消費量を減少させ

・本研究の主な目的は、甲状腺摘出術を受ける患者で、単回 IV イブプロフェンの先制投与が、術後 48 時間のオピオイド消費量と患者の術後疼痛に及ぼす影響を調査することであった。 ・甲状腺摘除術を予定している年齢 18歳~65 歳の 40 名の患者を対象とした。患者を無作為に 2 群に分けた。手術 15 分前に、試験群(n=20)は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more