テーマ:病的肥満

病的肥満患者の挿管に際しての McGrathビデオ喉頭鏡 vs マッキントッシュ直接喉頭鏡検査:無作為化試験

・米国人口の 3 分の 2 が肥満であり、約 8% が病的肥満であると考えられている。肥満患者は、気道管理において臨床麻酔医に独特の課題を提示する場合がある。ビデオ喉頭鏡sは気道の可視化を向上させる可能性があり、これにより挿??管の成功が理論的に改善される。しかし、病的肥満患者におけるこれまでの研究は限られていた。そこで、McGrath…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高流量鼻酸素は、全身麻酔を受ける病的肥満患者の安全な無呼吸時間を改善する:無作為化対照試験

・全身麻酔を受ける病的肥満患者は、麻酔導入中に低酸素血症のリスクがある。麻酔導入中の高流量経鼻酸素化の使用は、非肥満症手術患者の安全な無呼吸時間を延長する。著者らの研究の主な目的は、病的肥満の手術患者において、麻酔導入中に高流量経鼻酸素化と従来型フェイスマスク酸素化を行った患者との間で、安全な無呼吸時間を比較することであった。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病的肥満患者における頸部周囲径とマスク換気困難および喉頭鏡検査困難との相関:観察研究

・病的肥満患者では、過剰な脂肪組織のために、マスク換気と喉頭鏡検査が困難であり得る。頸部周囲径がマスク換気困難、喉頭鏡検査困難、挿管困難に関連していることを示唆する研究がある。著者らの研究の主な目的は、病的肥満の女性と男性の患者で別々に、マスク換気困難と喉頭鏡検査困難に対する頸部周囲径の予測的価値を評価することである。 ・本観察横…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病的肥満患者における機能的残気量に及ぼす体位と陽圧換気の効果:無作為化試験

・病的肥満の患者では、前酸素化中に使用される体位と換気戦略が安全な非低酸素性無呼吸時間と機能的残気量(FRC)に影響を及ぼす。覚醒している病的肥満のボランティアで、5 分間の陽圧換気の後に、吸気圧がゼロの自発換気と比較して、FRC が高くなると仮定した。 ・前向きの交叉無作為化試験デザインを用いて、肥満の被験者は、無作為順に、仰臥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下袖状胃切除術を受ける病的肥満患者の術後回復改善における吸入(デスフルラン) vs 全静脈麻酔

<ハイライト> ・プロポフォールとデキスメデトミジンを使用した TIVA は、病的肥満の袖状胃切除術の安全な麻酔法である。 ・TIVA 法は、安定した術中の血行動態を維持する可能性がある。 ・TIVA は術後の副作用や鎮痛の必要性が少なく、良好な術後回復が得られる。 <要旨> ・腹腔鏡下袖状胃切除術は、全静脈麻酔(TIVA)か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

婦人科疾患のある病的肥満患者(BMI>40kg/m2)の術中術後管理と転帰

・この 20 年間、先進国と発展途上国の両方で肥満の割合が高まっており、この期間に肥満女性の数は約 2 倍になっている(Stevens et al。Popul Health Metr 10(1):33,2002)。肥満は 21 世紀最大の流行病の一つである。この後ろ向き研究の目的は、肥満指数(BMI)が 40kg/m2 を超える極めて肥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病的肥満患者の気道管理:ファイバー気管支鏡と挿管ラリンジアルマスクの比較研究

・肥満は、ほとんどの国で増加し続けている流行病である。成人人口の 30% 以上が肥満であると推定されている。病的肥満成人における気道管理は、肥満患者に影響を与える解剖学的および生理学的変化のために麻酔科医にとって問題となる可能性がある。挿管ラリンジアルマスク(ILMA)は、正常および異常な気道を有する患者で、有効な換気器具および盲目的挿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病的肥満患者におけるマッキントッシュおよびエアトラック喉頭鏡の比較:無作為化前向き研究

<ハイライト> ・気道管理は、患者、医師、時間、装置の 4 つの変数に依存する。 ・本研究の計画と実施においては、全ての変数が調整された。 ・「機器」変数は、干渉がないか最小で評価された。 ・いずれの装置でも、病的肥満患者で迅速かつ安全な気道管理が可能である。 ・エアトラック喉頭鏡は修正 Cormack-Lehane 分類によ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病的肥満と周術期合併症

Morbid obesity and perioperative complications. Curr Opin Anaesthesiol. 2016 Feb;29(1):103-8. doi: 10.1097/ACO.0000000000000279. ・レビューの目的: 一般外科主従患者集団の約 30% が肥満を呈し、周術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more