テーマ:赤血球輸血

北アメリカ登録簿における周術期赤血球輸血と静脈血栓塞栓症との関連

・ますます多くのエビデンスが、生理的止血と病理学的血栓症における赤血球(RBC)の役割を支持している。周術期には通常赤血球が輸血される。しかし、術後血栓症との関連は不明である。本研究の目的は、手術 30 日以内の周術期 RBC 輸血と術後静脈血栓塞栓症(VTE)との関連について検討することであった。 ・この分析は、米国北米の 52…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎手術件数の多い施設で待機的脊椎固定術に際しての周術期赤血球輸血の発生率と費用

・脊椎固定術は、しばしば赤血球(RBC)輸血を必要とする有意な周術期出血を特徴とする外科手術である。 ・脊椎手術件数の多い施設である著者らの機関で、脊椎固定術のための待機的手術を受ける全ての患者で、3 年間にわたって、RBC 輸血の発生率と費用を評価した。この分析では、さまざまな手術アプローチ(前方、後方)を用いた種々の脊椎固定術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北米登録簿における周術期赤血球輸血と静脈血栓塞栓症との関連

<キーポイント> ・手術 30 日以内に、周術期赤血球輸血と術後静脈血栓塞栓症との関連はあるか? ・手術を受けた 750937 人の本登録研究では、術前術中または術後の赤血球輸血は静脈血栓塞栓症のリスクが高いことと有意に関連していた。 この関連性の影響は用量依存性であり、関連性は傾向スコアマッチング後も依然として堅牢であった。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術中赤血球輸血、移植臓器機能遅延、腎移植後の感染:観察コホート研究

・腎移植患者はしばしば貧血であり、赤血球(RBC)輸血のリスクがある。これまでの研究は、移植前の RBC 輸血が腎移植の転帰を改善する可能性があることを示唆している。しかし、RBC 輸血は感染にも関連している。本研究の目的は、術中 RBC 輸血、移植片機能遅延(DGF)、術後創部感染(SSI)、敗血症の関係を特徴づけることであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more