テーマ:術中覚醒

妊娠中の女性の覚醒リスクに対するプロポフォール導入麻酔とチオペンタール導入麻酔の脳波の比較

・帝王切開の全身麻酔導入時の脳波(EEG)スペクトル特性を使用した比較研究はほとんどない。この後ろ向き研究は、プロポフォールによる麻酔とチオペンタールによる麻酔中の脳波分析を通じて麻酔深度の差を調査した。 ・著者らは、チオペンタール(5 mg/kg)またはプロポフォール(2 mg/kg)のいずれかを投与された帝王切開を受けた 42…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラリンジアルマスクを介した揮発性麻酔薬吸入は、非重症疾患患者における術中覚醒の発生率の低下と関連して

・大手術中、特に全静脈麻酔(TIVA)か、または気管挿管による全身麻酔(ETGA)で、重症患者に術中覚醒の発生率増加が報告された。しかしながら、手術中の一般的に健康で非重症疾患患者で、術中覚醒の発生率や、麻酔法が発生率及ぼす効果については、まだ十分な注目がなされていない。 ・2009 年 1 月から 2014 年 12 月にかけて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔中の覚醒を予防するためのセボフルラン呼気終末濃度モニタリング(MEETS-PANDA)

・全身麻酔を受ける患者において、内視鏡手術中の呼気終末セボフルラン(ETS)のモニタリングが術中覚醒の発生率を低下させるとの仮説が立てられた。そこで、術中覚醒の発生頻度と他の相関因子を記録し、比較した。 ・全身麻酔を受けた年齢 18~80 歳、ASA I-III の患者 2500 例を無作為に 2 群(n=1250)に分けた:通常…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

小児の麻酔中の偶発的覚醒

Accidental awareness during anesthesia in children Pediatric Anesthesia first published online: 5 APR 2016 この教育的レビューは、小児の全身麻酔中の不慮の覚醒(AAGA)に対する現在の理解を探める。小児における推定発生率は…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

高リスクの手術患者での術中覚醒の予防

Prevention of intraoperative awareness in a high-risk surgical population. N Engl J Med. 2011 Aug 18;365(7):591-600. ・予想外の術中覚醒(全身麻酔が達成されていないか、維持されていない場合に起こる)の頻度は、この合…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more