テーマ:盲目的挿管

盲目的挿管用の導管としての新しい第 2 世代声門上気道器具(Ambu AuraGain)vs 挿管用ラリンジアルマ…

・Ambu AuraGain は、挿管を容易にするようにデザインされた、胃チャネルを備えた新しい使い捨て声門上気道器具である。本研究の目的は、Ambu AuraGain を使用して適切な留置と挿管の成功率を、挿管用ラリンジアルマスク(ILMA)と比較することである。 ・本前向き無作為化比較研究に 120 人の患者(年齢 18〜 6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児患者における Air‐Q 挿管用喉頭気道を介した盲目的気管挿管:再評価-無作為化対照試験

・小児声門上気道器具の中には、ファイバーガイド下の挿管用の導管としては検証されていても、盲目的挿管のために広い視野で評価されていないものもある。本研究の目的は、小児患者で air-Q 喉頭気道を介した修正操作を用いた盲目的気管挿管 vs ファイバーガイド下挿管の成功率を比較することであった。 ・全身麻酔下に待機的手術を受ける小児患…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《レビュー》 SAD を気管挿管用導管として使用した研究:盲目的挿管

当ブログでこれまでに紹介した「SAD を気管挿管用導管として使用した研究」のうち、「盲目的挿管」についての研究をまとめてレビューした。 1.気管挿管用導管としての声門上気道器具 i-gel と LMAFastrach の比較 初回試行における気管挿管の成功率は I 群で 66%、F 群で 74% であったが、気管挿管の全体的な成功率…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管用導管としての声門上気道器具 i-gel と LMAFastrach の比較

・最近導入された声門上気道器具(SAD)である i-gel は、効率的な声門上気道であると主張されている。気管挿管用の導管としても使用できる。ただし、LMA Fastrach はこの目的によく使用される。そこで、本無作為化試験では、2 種類の異なる SAD である i-gel と LMAFastrach による盲目的気管挿管の成功率が評…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初心者医師による i-GEL ラリンジアルマスクによる盲目的挿管:無作為化クロスオーバーマネキン試験

・直接喉頭鏡検査に基づいて気管挿管を行うことは、医療関係者の広範な経験を必要とする処置である。この方法に対する代替案は、気管チューブのための特定のガイドとして声門上気道器具を使用して盲目的に挿管を行うことかもしれない。研究の目的は、模擬心肺蘇生法において研修医によって実施された i-GEL ラリンジアルマスクを用いた盲目的挿管の有効性を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔下待機的手術患者で LMA Fastrach と AirQ‐ILA 法の挿管成功率を比較

・信頼性の高い気道の迅速な留置は、麻酔診療において最も重要な課題である。気道管理は、罹患率から安全な麻酔を提供するための重要なスキルである。さらに、麻酔による死亡は、気道管理の困難または失敗と関連性のある可能性がある。本研究では、全身麻酔下に待機的手術を受ける予定の患者群で、挿管の成功を AirQ-ILA と LMAfastrach の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挿管用導管としての i-gel:3 種類の気管チューブの比較

・新しい SAD である i-gel が換気器具として導入されたが、挿管用の導管として広く普及してきた。挿管用ラリンジアルマスク(ILMA)とは異なり、i-gel には特別にデザインされた気管チューブはない。そこで、本研究の目的は、3 種類の気管チューブを使用して、i-gel による挿管成功率を比較することであった。 ・全身麻酔下…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Ambu AuraGain ラリンジアルマスクによる盲目的挿管の成功率に及ぼす頸部伸展の効果

・声門上気道器具を介した気管挿管には、ファイバーガイドの使用をお勧めするが、盲目的に行うこともできる。声帯のファイバー視野は中立位よりも頚部伸展位の方が優れていたという以前の知見に基づいて、頚部伸展は中立位よりも Ambu AuraGain ラリンジアルマスクを介した盲目的挿管を容易にする可能性があると仮定した。 ・全身麻酔を受け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手指挿管法による成功率:補助具なし、スタイレット、ガムエラスティックブジー法の比較

・手指挿管の有用性、特に装備が限られている質素な環境での使用についてはすでに明らかとなっている。ただし、そのテクニックのベストプラクティスを裏付けるエビデンスは限られている。著者らは、手指挿管について、異なるアプローチと補助具を用いて、挿管までの時間とチューブ留置の成功率を、定量化しようとしている。 ・マネキンを使用して、気管チュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挿管用ラリンジアルマスク FASTRACH と Ambu Aura-i による盲目的挿管の比較

・挿管用ラリンジアルマスク Fastrach は、盲目的挿管と、ラリンジアルマスクを介したファイバー挿管のためのゴールドスタンダードと考えられている。最近、使い捨てバージョンのマスクが導入された。著者らは Fastrach のシングルユースと新しい低価格のシングルユース挿管ラリンジアルマスク Ambu Aura-i を比較した。著者らは…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

自己膨張型、使い捨て声門上気道喉頭挿管マスクを用いた盲目的挿管:国際的、多施設的前向きコホート研究

・声門上気道器具は、全身麻酔中の気道確保のためによく使用される。時として、声門上気道を介しての気管チューブによる挿管が適用となる。盲目的挿管の成功率は 15~97% と報告されている。そこで著者らは、主要評価項目として、Air-Qsp 声門上気道器具(Mercury Medical、USA)による盲目的挿管できる患者の割合を調査した。第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2 種類の異なる気管チューブを用いた Air-Q によるの挿管成功率を ILMA と比較

・Air-Q は気管挿管を容易にするために使用できる新しく導入された気道器具である。本研究の主な目的は、挿管用ラリンジアルマスク(ILMAーFastrach)を対照(I 群)として、2 種類の異なる気管チューブ(ETT)(標準ポリ塩化ビニル(PVC)とワイヤー強化 PVC)の使用が、ILMA と比較した場合、Air-Q(Q 群)を通して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more