テーマ:膀胱癌

麻酔薬は膀胱癌の再発に影響するか?ロボット補助根治的膀胱切除術を受けた患者における全静脈麻酔と揮発性麻酔の比較:単…

・根治的膀胱切除術は標準的な治療であり、筋肉浸潤性膀胱癌(MIBC)や高悪性度非 MIBC 患者の長期生存のための集学的アプローチの一部である。最近のデータは、麻酔法が癌関連の手術を受ける患者の長期生存と再発に影響を与える可能性があることを示唆している。 ・2014 年から 2020 年までの大学関連単施設でハイリスク非 MIBC…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泌尿器悪性腫瘍の術前の血清 Dダイマー上昇患者における深部静脈血栓症の発生率と予測因子

・研究の目的は、泌尿器悪性腫瘍手術前に D ダイマーが上昇した患者の深部静脈血栓症(DVT)の発生率と予測因子を分析することであった。 ・2015 年 1 月から 2017 年 9 月までに、987 人の連続患者が当院で全身麻酔下に泌尿器悪性腫瘍の手術を受けた。これらのうち、191 人の患者は、D ダイマーの上昇により DVT に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膀胱癌患者の硬膜外麻酔と癌の予後:それはテクニックか、投薬か?

・周術期は、癌関連転帰に長期的な影響を及ぼす重要な期間である可能性がある。本研究で、著者らは根治的(RC)コホート患者における癌特異的転帰に及ぼす区域麻酔の影響を評価している。 ・著者らは、2008 年から 2012 年までに自施設で RC を受けた臨床的に非転移性の尿路上皮癌患者の後ろ向き的分析を行った。患者は、後ろ向きに登録さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more