テーマ:フィブリノゲン

冠動脈バイパス手術における出血に及ぼすフィブリノゲン注射の効果の調査:臨床試験

・術後出血の予防と最適な治療は、冠動脈バイパス移植(CABG)を含むさまざまな種類の手術で臨床的に非常に重要である。出血量を減らすと、輸血後の合併症が減るだろう。心血管バイパス術後の凝固因子、特にフィブリノゲンの有益な効果は、出血の減少と輸血必要性の減少により有益な効果をもたらす可能性がある。ただし、さまざまな研究で議論を呼ぶ結果が報告…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扁桃摘出術後出血の予測因子としての術前血漿フィブリノゲン

・研究の目的は、術前血漿フィブリノゲンが扁桃摘出術後の重度の出血を予測できるかどうかを評価することであった。 ・後ろ向き診療録レビューで、2008 年から 2013 年までに扁桃摘出術を受けた 456 人の患者を含めた。術前血漿フィブリノゲン値(PFL)を、正常な術後経過と比較して全身麻酔下で外科的止血を必要とした重症出血を発症した患…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重症外傷の初期蘇生におけるフィブリノゲン(FiiRST):無作為化妥当性試験

・外傷後早期の血漿フィブリノゲン濃度の減少は、輸血の必要性と死亡率の増加に関連している。北米と国では、クリプレシピテートの輸注が、急性出血時のフィブリノゲン補給のための標準治療法であり、外傷蘇生時の後期にしばしば発生する。代替方法]として、フィブリノゲン濃縮物(FC)は、外傷蘇生において有益である可能性がある。しかし、その早期注入の妥当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more