テーマ:患者管理鎮痛

開腹肝切除術後の硬膜外鎮痛と比較した患者管理鎮痛の有効性と安全性系統的レビューとメタ分析

・研究目的は、開腹肝切除術を受けた成人における硬膜外鎮痛と患者管理鎮痛(PCA)の有効性と安全性を比較することであった。開腹肝切除術を受ける患者の効果的な疼痛管理は、硬膜外鎮痛法で達成されることが多い。しかしながら、関連する危険性があることから、この患者集団における代替鎮痛方法の調査を行うこととなった。 ・Medline、Emba…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外傷および非外傷性腹痛後の慢性疼痛の発生率に及ぼす救急部患者管理鎮痛(PCA)の影響

・持続痛の有病率に及ぼす救急部受信時の患者管理鎮痛の効果は不明である。著者らは、救急部経由の入院後 6 カ月間、外傷や腹痛のある患者を、観察研究デザインを用いて研究した。 ・これは、救急部領域研究で多施設疼痛対策に募集された参加者に送られた郵便アンケートを使用して行われた。慢性疼痛状態やオピオイド使用の患者は研究から外された。アン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰椎椎間板切除後の間欠投与されたパラセタモールと患者管理鎮痛ポンプを介したパラセタモールの鎮痛効果

・腰椎椎間板切除術は、椎間板ヘルニアに対する最も一般的な手術治療である。術後疼痛は入院期間、機能状態、患者 QOL に大きく影響するよくある臨床的問題である。本研究の目的は、単一レベルの腰椎切除術後で、間欠的に投与されたパラセタモールの術後鎮痛効果と、患者管理鎮痛(PCA)ポンプによるものとを比較することであった。 ・腰椎の MR…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more