テーマ:局所脳酸素飽和度

大手術を受ける患者の軽度の高炭酸ガス血症と脳酸素飽和度の関係を調査する無作為化比較試験

・手術中の局所脳酸素飽和度(rSO2)に及ぼす高炭酸ガス血症の影響は不明である。軽度の高炭酸ガス血症と rSO2 の関係を調査するために、無作為化対照試験を実施した。著者らは、大手術中に正常炭酸ガスを目標とした場合(TN)と比較して、軽度高炭酸ガス目標とした場合(TMH)の方が rSO2 を増加させると仮定した。 ・オーストラリア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血管内手術における局所脳酸素飽和度と術後せん妄:前向きコホート研究

・せん妄は急性精神障害であり、よく見られる術後合併症である。血管内治療手術で局所脳酸素飽和度(rSO2)をモニターすることで、脳酸素飽和度低下をリアルタイムで監視し、重症の脳機能障害を回避し、せん妄の発生率を減らしうる。著者らは、血管内手術を受ける患者のせん妄の発生率を調査しようとした。 ・これは臨床コホート試験であった。著者らは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セボフルランは、プロポフォールよりも脳酸素飽和度を良好に維持する

<ハイライト> ・腹腔鏡下胆嚢摘出術中の生理学的変化により rcSO2 が減少することがある。 ・VIMA(セボフルラン)の方が TIVA(プロポフォール)と比較して高いrcSO2 を提供する。 ・VIMA は、TIVA と比較して、重篤な rcSO2の低下が少ない。 ・両方の麻酔法は比較的良好な循環動態安定性を提供する。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more