テーマ:術後呼吸器合併症

デスフルランとセボフルランの使用に関連する術後呼吸器合併症の比較:単施設コホート研究

・セボフルランとデスフルランは、麻酔の維持に最も一般的に使用される揮発性麻酔薬である。本研究では、揮発性麻酔薬の選択と術後早期の呼吸器合併症との関係を評価し、これら 2 種類の一般的に使用される薬剤間の安全性転帰における重要な知識のギャップに対処することを目的とした。 ・2005 年から 2018 年までに施設で全身麻酔の維持にセ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビデオ補助胸腔鏡下肺葉切除術後の術後早期における胸部 X線異常に及ぼすスガマデクスの効果

・筋弛緩薬(NMB)の効果を拮抗するスガマデクスは、ピリドスチグミンなどの従来の拮抗剤よりも優れており、筋弛緩からの迅速かつ確実な回復を可能にする。本研究では、肺癌のビデオ補助胸腔鏡(VAT)肺葉切除術後にスガマデクス(S 群)とピリドスチグミン(P 群)との間で、術後早期胸部 X 線異常(CRA)の発生率を比較した。 ・大学医療…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

閉塞性睡眠時無呼吸の高リスク小児におけるアデノイド扁桃摘出術後呼吸器合併症:後ろ向きコホート研究

・閉塞性睡眠時無呼吸は、小児の 1〜4% で発生する。アデノイド扁桃摘出術は効果的な治療法である。死亡/重度脳損傷は、アデノイド扁桃摘出術の 0.6/10,000 で発生する。小児では、60% が気道/呼吸器症状に続発する。これまでの研究では、年齢 2 歳未満の小児、極端な体重、頭蓋顔面、神経筋、心臓/呼吸器疾患といった併存合併症、重度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術中の高濃度酸素吸入は術後呼吸器合併症のリスクを増加させない:交互介入臨床試験

・WHO は、高濃度酸素吸入(高酸素症)の術中と術後早期使用を推奨している。しかし、術中の吸入酸素濃度(FiO2)が高いと、術後の呼吸器合併症のリスクが高まる可能性がある。研究の目的は、30% の吸入酸素濃度と比較して 80% の術中 FiO2 は術後の吸入酸素濃度に対する動脈血酸素飽和度の比率(SpO2/FiO2)を減少させるという仮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後呼吸器合併症に及ぼすルーチンのスガマデクス使用の効果:後ろ向きコホート研究

・術後の残存筋弛緩は術後合併症の予防可能な原因である。スガマデクスは残存筋弛緩のリスクを低減することが示されているが、これが合併症の減少に直接つながるかどうかはまだ示されていない。著者らは、日常的な拮抗に制限なくスガマデクスを使用することが、術後の呼吸器の診断の発生率および術後回復室での気道・呼吸器合併症の割合を変化させるかどうかを証明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more