テーマ:εアミノカプロン酸

オフポンプCABG手術における術後出血の減少におけるトラネキサム酸とεアミノカプロン酸の有効性の比較:前向き無作為…

・オフポンプ冠動脈バイパスグラフト(CABG)手術は、組織プラスミノーゲン活性化因子の放出による線維素溶解の増加が示されている。オフポンプ CABG 手術で利用可能な 2 種類の抗線溶薬(トラネキサム酸とεアミノカプロン酸)を比較した試験はない。本研究の目的は、トラネキサム酸とε-アミノ-カプロン酸の有効性を、主要評価項目としての 4 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

εアミノカプロン酸は、小児開胸手術後の輸血を減らし、凝固試験を改善する:5 件の臨床試験のメタ分析

・人工心肺手術後の過剰な術後出血量は、特に先天性心疾患患者に共通の問題である。小児開心手術後の術後出血の予防的治療としてのεアミノカプロン酸(EACA)の有効性は決定されていない。このメタ分析は、小児開心手術後の出血および輸血の最小化と凝固試験の維持における EACA の有効性を調査するものである。 ・包括的文献検索を実施して、主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝関節および股関節形成術における出血量を減らすためのアミノカプロン酸の有効性と安全性:メタ分析

<ハイライト> ・アミノカプロン酸の使用は、総出血量の有意な減少と関連している。 ・研究の目的は、TJA 後の出血量と輸血必要量を減らすための静注用アミノカプロン酸の有効性と安全性を評価することである。 <要旨> ・このメタ分析は、全膝関節形成術(TKA)と全股関節形成術(THA)におけるアミノカプロン酸の安全性および有効性を評…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

εアミノカプロン酸は、全股関節および全膝関節形成術後の出血量と輸血両を減少させる

・全股関節および膝関節形成術(THA と TKA)は相当な出血量を伴い、患者はしばしば 1 単位以上の術後輸血を必要とする。この患者集団ではトラネキサム酸が広く研究されてきたが、著者らは、εアミノカプロン酸(EACA)が関節形成術後の出血と輸血を減少させるという仮説を検証した。 ・2014 年 4 月、著者らの退役軍人医療センター…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more