テーマ:

ケタミン投与によって誘発性される不快な夢に与える暗示の影響

・ケタミンの使用は、鎮静後の不快な夢の回想と関係している場合がある。鎮静前に楽天的な暗示をしておくと、ケタミンに誘発された不快な夢の発生率を減らすことができると仮定した。 ・この仮説を検証するために、手術のためにケタミンによる鎮静を受ける 100 人の患者を 2 群に無作為に割り当てて、1 群にはケタミン投与前に麻酔科医が患者に気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔中の鎮静時の夢:プロポフォールとミダゾラムの比較

・脊椎麻酔中、しばしば鎮静が実施されるが、術中に夢を見ることについての詳細な報告はない。本前向き研究では、鎮静中の夢見に関して 2 種類の異なる静脈内鎮静プロトコル(プロポフォールとミダゾラム注入)を比較した。 ・成人患者 220 人は、2 群に無作為割付けされ、脊椎麻酔中に、深い鎮静のためにプロポフォールか、またはミダゾラ ムを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more