テーマ:クモ膜下モルヒネ

くも膜下投与のためにモルヒネを希釈した後の薬物濃度と細菌汚染の測定:実験的研究

・クモ膜下注入の安全な投与には、低濃度のモルヒネが必要である。これらの低濃度を達成するためにモルヒネの手による希釈が行われることもあるが、希釈エラーや細菌汚染のリスクがある。主な目標は、4 種類の注射器群間でモルヒネとブピバカインの濃度を比較することであった。副次的目標は、これらの群間の汚染率の差を調査することであった。 ・25 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クモ膜下モルヒネで帝王切開分娩を受ける女性における術後悪心嘔吐のリスクスコア

・術後悪心嘔吐は、帝王切開分娩を受ける妊婦患者の最大 80% に影響を与えるが、産科特有のリスク予測モデルが欠如している。本研究は、帝王切開を受けた分娩後の悪心嘔吐の危険因子を特定し、産科固有の予測モデル(Duke スコア)を作成し、そのパフォーマンスを Apfel スコアと比較するために行った。 ・くも膜下モルヒネで帝王切開分娩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クモ膜下モルヒネを併用したモルヒネ患者管理鎮痛法と、モルヒネ患者管理鎮痛法単独による、術後 24時間の総モルヒネ用…

・このレビューの目的は、モルヒネを使用した患者管理鎮痛(PCAM)に加えて術前クモ膜下モルヒネ(ITM)を併用した場合と、術前 ITM を使用しない PCAM のみが、腹部や胸部の手術を受けた成人患者で、術後 24 時間の総モルヒネ用量に及ぼす効果を評価することであった。術後痛は、腹部および胸部の大手術を受ける患者にとって重大な問題であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工股関節置換術を受ける患者におけるクモ膜下モルヒネと睡眠時無呼吸の重症度:無作為化比較対照三重盲式試験

・クモ膜下モルヒネは手術後の鎮痛を延長するが、術後呼吸抑制や無呼吸エピソードに関与している。ただし、これは呼吸ポリグラフを使用した前向き試験では調査されていない。本無作為化対照三重盲式試験では、クモ膜下モルヒネが睡眠時無呼吸の重症度を高めるという仮説を検証した。 ・脊椎麻酔下で股関節形成術を受けた 60 人の被験者に、0.5% 等…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開後の鎮痛に際してのため持続的患者管理硬膜外麻酔併用のクモ膜下モルヒネとクモ膜下モルヒネ単独の比較:無作為化…

・いくつかの脊柱管テクニックが帝王切開後の効果的な鎮痛を示している。これまでのの報告によると、オピオイドなしの硬膜外患者管理鎮痛(PCEA)は、帝王切開後の鎮痛のクモ膜下モルヒネ(IM)単独よりも劣る可能性がある。ただし、IM に PCEA を追加することが効果的であるかどうかはほとんどわかっていない。本研究の目的は、PCEA を併用し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

閉塞性睡眠時無呼吸患者の関節形成術後のクモ膜下モルヒネと肺合併症:後向きコホート研究

このトピックについてすでに知っていること: クモ膜下モルヒネは、関節形成術後の鎮痛に一般的かつ効果的に使用されるが、遅発性呼吸抑制などの術後肺合併症に関連している この記事がは教えてくれる新しいこと: 閉塞性睡眠時無呼吸患者で、マルチモーダル鎮痛に併用した低用量クモ膜下モルヒネは、術後肺合併症のリスク増加とは関連していなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロボット補助根治的前立腺切除術の回復の質に及ぼすクモ膜下ブピバカイン/モルヒネの効果:無作為化対照試験

・ロボット補助根治的前立腺切除術は、術後すぐに不快感を引き起こす。本無作為化比較試験は、全身麻酔に加えて、クモ膜下ブピバカイン/モルヒネが術後の回復の質に有益かどうかを調査した。 ・150 人の患者を、クモ膜下に 12.5 mg ブピバカイン/ 300μg モルヒネを投与した介入群(年齢 75 歳以上の患者では用量を 20% 減量…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝関節全置換術後の局所浸潤鎮痛とクモ膜下モルヒネの鎮痛効果の比較

・局所浸潤鎮痛法(LIA)は、人工膝関節全置換術(TKA)後の効果的な疼痛管理法である。研究の目的は、LIA が片側性 TKA を受ける患者でクモ膜下モルヒネよりも優れた鎮痛を提供するかどうかを調査することであった。 ・三次紹介センター単施設での無作為化比較試験。片側 TKA を受ける予定の連続した ASAーPS I~III の患…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

婦人科悪性腫瘍に対する腹部手術後の術後回復に及ぼすクモ膜下モルヒネと硬膜外鎮痛の効果:非盲式無作為化

・著者らは、婦人科悪性腫瘍が証明、あるいは推定された正中開腹術後の女性で、回復促進プログラム(術後回復促進[ERAS])におけるクモ膜下モルヒネ(ITM)による局所鎮痛が、短期間で良好な疼痛軽減と、硬膜外鎮痛(EDA)と同等の健康関連生活の質(QoL)を達成するかどうかを判定することを目的とした。 ・スウェーデンの三次紹介大学病院…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クモ膜下モルヒネによる帝王切開分娩後のカプノグラフィーとパルス酸素飽和度モニタリングの前向き観察調査

・クモ膜下モルヒネは、帝王切開後に優れた鎮痛作用を発揮する。しかしながら、無呼吸、徐呼吸、低酸素血症などの呼吸事象が報告されている。主な研究目的は、帝王切開分娩女性で持続カプノグラフィーを用いて、30~120 秒間の無呼吸と定義した「無呼吸警告事象」(AAE)と呼ばれる被験者 1 人あたりの無呼吸数を推定することであった。 ・著者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開分娩に際しクモ膜下モルヒネを投与される女性での経皮的二酸化炭素測定:前向き観察研究

・脊柱管モルヒネは、帝王切開後に最もよく使用される鎮痛法である。呼吸抑制の発生率は、パルスオキシメトリや呼吸数で測定したこの患者集団では非常に低い(0%~1.2%)と報告されている。しかしながら、高炭酸ガス血症は、呼吸抑制のより敏感な尺度である可能性がある。本研究では、帝王切開分娩後鎮痛のためにクモ膜下モルヒネを投与された女性で、2 分…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開に際しクモ膜下モルヒネ 0.15mg に関連した遅発性呼吸抑制:1915 例のレビュー

・クモ膜下に投与された低用量モルヒネは有効な術後鎮痛法であり、帝王切開で広く使用されている。遅発性呼吸抑制は、この方法の最も懸念される副作用である。しかし、この副作用は産科集団では完全には報告されていない。本研究の目的は、帝王切開後女性におけるクモ膜下モルヒネに関連する呼吸抑制を明らかにし、その発生率を推定することであった。 ・著…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開後の超音波ガイド下性腹横筋膜面ブロックと比較したクモ膜下モルヒネの鎮痛効果

・腹横筋膜面ブロックブロックとクモ膜下モルヒネの両方が長時間の術後鎮痛をもたらす可能性があるが、医療資源が限られた状況でのこれらの麻酔法のそれぞれの臨床転帰は十分に明らかではない。 ・著者らは、帝王切開術を受けた患者を、高比重ブピバカイン(10mg)による脊椎麻酔後に超音波ガイド下腹横筋膜面ブロック(10mg)をするか、100mc…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔中のクモ膜下モルヒネは、初回総関節形成術に際しての現代的マルチモーダル鎮痛における役割?

・ブピバカイン脊椎麻酔に併用たクモ膜下モルヒネ(ITM)は、術後疼痛を改善する可能性があるが、術後悪心/嘔吐(PONV)および掻痒症の潜在的な副作用を有する。マルチモーダル鎮痛と区域麻酔法の使用により、術後の疼痛管理は、全関節形成術(TJA)において ITM を回避できるほどまでに有意に改善されている。。 ・著者らは、標準化マルチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝関節形成術後の患者でクモ膜下モルヒネ投与による術後疼痛と末梢内因性カンナビノイド濃度の低下:無作為

・本研究の第一の目的は、クモ膜下モルヒネ投与が術後疼痛を軽減するか否かを調査することであった。第二の目的は、弱鎮痛性内因性カンナビノイド、アナンダミド(AEA)と 2-アラキドノイルグリセロール(2-AG)、関連脂質パルミトイルエタノールアミド(PEA)とオレオイルエタノールアミド(OEA)の血中濃度に及ぼすクモ膜下モルヒネの効果を調査…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開に際してのクモ膜下モルヒネ後の掻痒症:発生率、重症度、血清セロトニン値との関係

<ハイライト> ・クモ膜下モルヒネ誘発性掻痒症は、妊産婦ではよく見られる。 ・クモ膜下モルヒネ誘発性掻痒症の正確なメカニズムは不明である。 ・モルヒネと 5-ヒドロキシトリプタミン受容体との相互作用が重要な役割を果たしている可能性がある。 ・血清セロトニン濃度は、クモ膜下モルヒネ後に有意に増加した。 ・セロトニンは、クモ膜下で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クモ膜下モルヒネ 150μg を伴う脊椎麻酔後の帝王切開分娩後の低酸素症の前向き研究

<ハイライト> ・本研究では、150μg のクモ膜下モルヒネ後の軽度の酸素飽和度低下が一般的であった。 ・酸素飽和度低下は、クモ膜下モルヒネ投与の 4~8 時間後に最も頻繁に発生した。 ・肥満とベルリンアンケート陽性は、軽度の酸素飽和度低下を予測した。 <要旨> ・遅延性呼吸抑制は、帝王切開分娩を受ける患者で、クモ膜下モルヒネ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

心臓手術後の肺合併症の発生率に及ぼすクモ膜下鎮痛の影響:単施設での傾向一致コホート研究

・急性疼痛とオピオイド全身投与は、両方とも、心臓手術後の呼吸機能に悪影響を及ぼし得る。本研究は、心臓手術で非経口オピオイド投与を最小としつつ、クモ膜下モルヒネ鎮痛(ITMA)を使用する施設独自の管理法、特に術後肺合併症(PPC)への影響を分析する。 ・単施設で 2002 年 1 月から 2013 年 12 月までに、待機的心臓手術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オピオイド併用脊椎麻酔下の帝王切開後の掻痒感の発生を予防するための予防的ペンタゾシン:前向き無作為化

・オピオイド併用脊椎麻酔下での帝王切開後の掻痒の発生率は、50%~100% の範囲と高い。掻痒は予防するのが難しい。しかしながら、ペンタゾシンは有効な治療であることが示されている。それにもかかわらず、掻痒感に対するペンタゾシンの予防効果は明らかにされていない。本無作為化二重盲式試験は、脊柱管オピオイド投与後 24 時間以内のオピオイド誘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全膝関節形成術後の疼痛管理のためのクモ膜下モルヒネ vs 大腿神経ブロック:メタ分析

・このメタ分析は、全膝関節形成術(TKA)後の疼痛管理のためのクモ膜下モルヒネ(ITM) vs 大腿神経ブロック(FNB)の有効性と安全性を明らかにすることを目的としている。 ・2017 年 4 月、PubMed、EMBASE、Web of Science、Cochrane Database of Systematic Revie…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クモ膜下モルヒネ 150μg 併用脊椎麻酔後の帝王切開後低酸素症の前向き研究

<ハイライト> ・本研究では、クモ膜下モルヒネ 150μg 投与後には軽度の酸素飽和度低下がよく見られた。 ・酸素飽和度低下は、クモ膜下モルヒネ投与の 4~8 時間後に最も頻繁に発生した。 ・肥満とベルリン質問票での陽性は、軽度の酸素飽和度低下を予測した。 <要旨> ・遅延性呼吸抑制は、帝王切開分娩を受ける患者でクモ膜下モルヒ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎手術におけるクモ膜下モルヒネ:無作為化比較試験のメタ分析

・本研究の目的は、脊椎手術後の術後疼痛とオピオイド鎮痛剤消費量減少に及ぼすクモ膜下モルヒネ(ITM)の有効性を評価することであった。成人脊椎手術後の ITM の使用は、クモ膜嚢へのアクセスが容易であり、低用量で適切な鎮痛を提供する可能性があるため、特に興味深い。しかし、以前の ITM の研究は、サンプルサイズが小さく、矛盾する結果によっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肝膵外科手術における術後鎮痛に及ぼすクモ膜下モルヒネ vs オピオイド静脈内投与:無作為化比較試験

・腹部手術後の鎮痛が不十分であると転帰に影響を及ぼす可能性がある。肝臓手術を受けた患者のデータは、術後凝固障害が硬膜外カテーテルの除去を遅らせる可能性があることを示唆した。従って、別の鎮痛法を評価すべきである。 ・著者らは、術中クモ膜下モルヒネ[皮膚切開前の単回注射 4μg/kg(ITM 群、n=23)]と静脈内オピオイド[術中の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more