テーマ:スガマデクス

耳鼻咽喉科手術の術後悪心嘔吐に対するスガマデクスとネオスチグミンの効果について

・術後悪心嘔吐(PONV)に対するスガマデクスの効果を、ネオスチグミン-アトロピン混合液と比較することを目的とした。 ・全身麻酔下で耳鼻咽喉科手術を受けた年齢 18~65 歳の ASA-PS Ⅰ/Ⅱの患者 136 名を対象に、筋弛緩の拮抗にスガマデクス 2 mg/kg またはネオスチグミン 2.5 mg とアトロピン 1 mg を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後のカテーテル関連膀胱不快感に対するスガマデクスとピリドスチグミンの効果の比較後ろ向き相応コホート解析

・全身麻酔時の筋弛緩の拮抗にスガマデクスが使用されることが増えるにつれ、コリンエステラーゼ阻害剤と比較してスガマデクスの追加作用が報告されている。ここでは、筋弛緩を拮抗するためのスガマデクス治療とピリドスチグミン/グリコピロレート治療の術後カテーテル関連膀胱不快感(CRBD)の発生率を比較する。 ・2019 年 3 月から 202…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロボット甲状腺切除術を受けた患者におけるスガマデクスとネオスチグミンの術後消化管運動性の比較後ろ向き研究

・術後の腸管機能障害は、手術後の回復期に患者に困難をしいるものであり、拮抗薬は腸管機能に影響を与える可能性がある。本研究は、ロボット甲状腺切除術を受けた患者において、スガマデクスとネオスチグミン/グリコピロレート併用の術後腸管運動に対する効果を調査・比較することを目的としている。 ・2018 年 3 月から 2020 年 12 月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スガマデクスによる筋弛緩剤の拮抗はネオスチグミン/グリコピロレートより麻酔回復室での副作用が少なかった

・スガマデクスは、アミノステロイド系筋弛緩剤、特にロクロニウムの直接拮抗剤であり、深い筋弛緩(NMB)を迅速かつ完全に拮抗し、より良い手術条件を可能にする。スガマデクスは、間接的な筋弛緩剤であるアセチルコリンエステラーゼ阻害剤のネオスチグミンよりも副作用が少なく、利点がある。 ・本後ろ向きレビューでは、スガマデクスとネオスチグミン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国人集団で発生したスガマデクスの有害事象について

・筋弛緩薬拮抗薬であるスガマデクスの使用増加に伴い、有害事象の発生率が増加している。本研究は、韓国人集団で報告されたスガマデクスの有害事象の症例を特定し、分析することを目的とした。 ・2013 年から 2020 年 12 月までに Korean Journal of Anesthesia, Anesthesia and Pain …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ルーチンの拮抗剤としてのネオスチグミン投与後のスガマデクスの半量投与 vs ネオスチグミンの比較:無作為化予備試験

・ネオスチグミンのルーチンの拮抗用量投与後に低用量のスガマデクスを使用することで、残存筋弛緩(rNMB)を予防できる可能性がある。著者らの目的は、ネオスチグミン投与後の rNMB を回復するために半量のスガマデクスを使用した場合の効果を調査し、その効果をネオスチグミン全量をルーチンに投与した場合と比較することであった。 ・前向き単…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後残存筋弛緩の拮抗を目的としたスガマデクス vs ネオスチグミン:術後副作用についての後ろ向きコホート分析

・残存筋弛緩を拮抗するために投与されるスガマデクスやネオスチグミンは、徐脈、アナフィラキシー、気管支痙攣、さらには心停止などの副作用を引き起こす可能性がある。著者らは、臨床的に意味のある副作用の複合において、スガマデクスがネオスチグミンに対して非劣性である、あるいはその逆もあるという仮説を検証した。 ・2016 年 6 月から 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児におけるスガマデクスまたはネオスチグミンと術後の主要肺合併症の関連性

・成人患者における最近のデータでは、筋弛緩(NMB)拮抗のためにネオスチグミンと比較してスガマデクスを使用すると、術後の複合肺合併症のリスクが有意に減少することが示された。小児における肺合併症は臨床的に重要であるにもかかわらず、これらの合併症のリスクにおける NMB 拮抗の役割を探る研究は、現在のところ存在しない。 ・2016 年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎手術を受ける高齢患者におけるスガマデクスまたはネオスチグミンによるロクロニウム拮抗後の回復の比較:無作為化比較…

・研究の目的は、腰椎後方手術を受ける高齢患者において、ロクロニウム筋弛緩(NMB)後の回復の速度と質に及ぼすスガマデクスの効果をネオスチグミンと比較して評価することであった。 ・本無作為化比較試験には、全身麻酔下に待機的手術を受ける予定の患者 40 名(年齢≧65 歳、ASA PS II/III)が対象となった。ロクロニウムによる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャルコー・マリー・トゥース病におけるロクロニウム誘発のスガマデクス不応性呼吸麻痺

・非脱分極性筋弛緩薬投与後の術後呼吸麻痺の長期化は、シャルコー・マリー・トゥース病(CMTD)患者の麻酔管理上、重大な懸念事項である。最近の報告では、CMTD 患者にロクロニウムを使用し、その拮抗にスガマデクスを使用した場合に呼吸麻痺が発生しなかったという報告もある。今回、未診断の 1A 型 CMTD(CMT1A)患者において、ロクロニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

末期腎不全患者のロクロニウム誘発性筋弛緩の拮抗におけるスガマデクスの有効性と安全性:系統的レビューとメタ分析

・スガマデクスは、ロクロニウムによる筋弛緩(NMB)を拮抗させるために、麻酔薬として広く使用されている。腎機能が低下している患者では、ほとんどの薬剤が薬物動態の変化に伴ってクリアランスの低下を示す。この論文の目的は、全身麻酔を受ける末期腎不全(ESRD)患者におけるスガマデクスの有効性、薬物動態、安全性を系統的レビューを用いて検討するこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筋弛緩拮抗におけるスガマデクスとネオスチグミンの術後肺合併症発生率への影響:無作為化比較試験のメタ分析

・筋弛緩(NMB)の拮抗にスガマデクスを使用した場合、ネオスチグミンと比較して、術後肺合併症(PPC)に与える影響はまだ明らかになっていない。著者らは、スガマデクスを投与された患者とネオスチグミンを投与された患者の間で PPC の発生率を比較するために、無作為化比較試験(RCT)のメタ分析を行った。 ・PubMed、Embase、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベクロニウムによる浅い残存筋弛緩:TOF 比 0.3 の場合の拮抗に必要なスガマデクスまたはネオスチグミンの投与量

・浅い残存筋弛緩(NMB)は潜在的に有害であり、重篤な呼吸器系イベントの原因となる。ベクロニウム誘発性の浅い筋弛緩を回復させるのに必要なスガマデクスの最適な投与量に関するエビデンスは乏しい。本研究の目的は、TOF 比 0.3 の残存ベクロニウム誘発筋弛緩から 0.9 に拮抗させるのに適したスガマデクスとネオスチグミンの投与量を見い出し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーストラリアとニュージーランドにおける筋弛緩とその拮抗の管理に関する調査

・近年、筋弛緩管理に関する教育に多大な投資がなされ、麻酔科診療においてスガマデクスが利用できるようになってきている。今回の調査では、オーストラリアとニュージーランドの麻酔科医の筋弛緩の科管理とその拮抗について、現代的診療を調査することを目的とした。 ・ウェブベースの任意アンケートを、オーストラリア・ニュージーランド麻酔科医協会の会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国有害事象報告データベースを使用したスガママデクス誘発性アナフィラキシーの推定発生率

・著者らは、韓国の大規模集団におけるスガマデクス誘発性アナフィラキシーの発生率を調査することを目的とした。韓国医薬品安全評価院-リスク管理-韓国有害事象報告システム(KIDS-KAERS)のデータベースで、2013 年から 2019 年までのスガマデクス誘発性アナフィラキシーの発生率を後ろ向きに調査した。 ・報告効率が 10%、5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スガマデクスとアナフィラキシー:発表された 33 例の分析

・本研究では、麻酔時の症状の類似性を調査するために、発表されたスガマデクスによるアナフィラキシーの報告をレビューした。 ・PubMed でスガマデクス誘発性アナフィラキシーを時間制限なしで検索した。報告は、英語で書かれており、世界アレルギー機構が定めたアナフィラキシーの基準を満たしていれば評価した。2 人の別々の査読者が、所定のデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネオスチグミンまたはスガマデクスによる残存筋弛緩の拮抗と術後肺合併症:高リスク高齢者を対象とした前向き無作為化二重…

・筋弛緩の残存は、後ろ向き研究では、術後肺合併症のリスク増加と関連している。本研究の目的は、高リスクの高齢患者において、スガマデクス(SUG)またはネオスチグミン(NEO)のいずれかで拮抗した後の術後肺合併症の発生率を前向きに調査することである。 ・著者らは、重症合併症があり(ASAーPS 3)、年齢 75 歳以上の高齢者 180…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲状腺摘出術患者の術中凝固能に及ぼすスガマデクスとネオスチグミンの効果

・スガマデクスは、筋弛緩薬の画期的な拮抗薬である。非常に効率的であることが知られている。しかし、凝固能の変化は、外科医にとっても麻酔科医にとっても懸念される最も危険な潜在的合併症の一つである。出血により、低用量性ショック、血腫などを引き起こす可能性がある。甲状腺摘出術を受けた患者の凝固能に対するスガマンデクスの効果を調査するために、スガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔覚醒時の上気道閉塞とスガマデクス投与のタイミングとの関係:後ろ向き研究

・麻酔からの覚醒では意識回復と筋機能の調和が重要である。筋機能が回復していても、意識が十分に回復しないまま抜管を行うと、呼吸器合併症のリスクが高まる可能性がある。特に上気道閉塞は呼吸器合併症の一つであり、時に致命的になることもある。しかし、スガマンデックス投与のタイミングと麻酔からの覚醒時に起こりうる上気道閉塞との関連はほとんど研究され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人におけるスガマデクス投与後の心拍数の低下

・スガマデクスは、ステロイド性筋弛緩薬(NMBA)を無効化する新規の薬剤であり、アセチルコリンエステラーゼ阻害薬よりも優れた効果が期待されている。前臨床試験では、心停止への進行を伴う徐脈がまれに認められている。この問題、その発生率、緩和因子をより明確にするために、著者らは成人におけるスガマデクス投与後の徐脈の発生率を前向きに評価した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筋弛緩拮抗のためのスガマデクス vs ネオスチグミンと術後肺合併症:多施設対応コホート分析

・非心臓入院手術を受ける成人患者の 5% は、大きな肺合併症をきたしている。著者らは、筋弛緩の拮抗(ネオスチグミン vs スガマデクス)の選択は、大きな肺合併症の発生率の低下と関連している可能性があると仮定した。 ・2014 年 1 月から 2018 年 8 月まで、米国の多施設周術期転帰群の病院 12 施設は、外科症例の多施設観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビデオ補助胸腔鏡下肺葉切除術後の術後早期における胸部 X線異常に及ぼすスガマデクスの効果

・筋弛緩薬(NMB)の効果を拮抗するスガマデクスは、ピリドスチグミンなどの従来の拮抗剤よりも優れており、筋弛緩からの迅速かつ確実な回復を可能にする。本研究では、肺癌のビデオ補助胸腔鏡(VAT)肺葉切除術後にスガマデクス(S 群)とピリドスチグミン(P 群)との間で、術後早期胸部 X 線異常(CRA)の発生率を比較した。 ・大学医療…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肝移植を受ける患者におけるロクロニウム持続注入後のスガマデクス vs ネオスチグミン

・術後の残存筋弛緩を回避するために、大きな腹部手術の終了時に筋弛緩を急速に拮抗させることが推奨される。これまでのところ、肝移植を受ける患者にロクロニウムを投与した後のスガマデクスの性能を評価した研究はない。これは、同所移植片肝移植を受ける患者のロクロニウム誘発筋弛緩後に、スガマデクス vs ネオスチグミンで得られた神経筋伝達回復時間を評…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スガマデクスとネオスチグミンによる筋弛緩拮抗と非心臓手術後の 90日死亡率との関連

・スガマデクスによる筋弛緩薬の拮抗は、術後残存筋弛緩を減少させることにより術後合併症を軽減することが知られている。ただし、90 日死亡率への影響は不明である。そこで、本研究の目的は、非心臓手術後の 90 日死亡率に関して、スガマデクスとネオスチグミンの効果を比較することであった。 ・本後ろ向きコホート研究は、2011 年から 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

周術期効率に及ぼすスガマデクスとネオスチグミン/グリコピロレートの影響

・手術室における筋弛緩は、術後の回復を促進し、手術室の患者の処理量を維持するために、拮抗剤の使用を必要とする。コリンエステラーゼ阻害剤は、麻酔診療における筋弛緩の拮抗の治療の歴史的標準診療となっている。合成ガンマシクロデキストリンであるスガマデクスは、代替薬と比較して、筋弛緩のより迅速で予測可能な拮抗が可能であるというエビデンスとともに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔薬の連続投与中のスガマデクスによる筋弛緩の拮抗:バイスペクトル指数を使用した二重盲式無作為化クロスオーバー試験

・ステロイド系筋弛緩薬の特異的拮抗薬であるスガマデクスは、覚醒の臨床徴候と関連していることが時折報告されている。スガマデクス投与後の全身麻酔下で維持されている患者のバイスペクトル指数値と覚醒の徴候の増加を体系的に検索する研究を実施した。 ・筋弛緩を伴う全身麻酔を受ける予定の患者は、この二重盲式無作為化クロスオーバー試験に含まれた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スガマデクスとネオスチグミンでのアナフィラキシーの発生率の比較:後ろ向き多施設観察研究

・スガマデクスによるアナフィラキシーの症例が報告されているが、その発生率は不明である。逆に、ネオスチグミンへのアナフィラキシーの発生率を評価した研究はない。 ・これは、2012 年から 2016 年までに全身麻酔下で手術を受けた患者の多施設共同後ろ向き観察研究で、日本の三次病院 4 施設でスガマデクスとネオスチグミンによるアナフィ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

末期腎疾患の手術患者に対するスガマデクスの短期的な安全性と有効性:2 施設後向き研究

・スガマデクスは、アミノステロイド系筋弛緩薬、特にロクロニウムの新しい拮抗剤である。腎排泄を考えると、スガマデクスは末期腎疾患の患者には推奨されない。ただし、この患者群での使用に関する報告がある。この 2 施設の後ろ向き観察研究は、術前腎代替療法を必要とした末期腎疾患の手術患者におけるスガマデクスの安全性属性と有効性をレビューすることを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロボット補助根治的膀胱切除後の麻酔からの回復:2 種類の異なる筋弛緩拮抗

・ロボット補助根治的膀胱切除術(RARC)中に、特定の手術条件(急峻なトレンデレンブルグ体位、長時間気腹、手術最終段階までの効果的な筋弛緩)が転帰を大きく損なう可能性がある。本研究の目的は、異なる拮抗を受ける 2 群の患者で、術後嘔気嘔吐(PONV)とイレウスの発生率、覚醒時の認知機能の質を評価することであった。 ・本無作為化試験…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スガマデクスの使用および関連費用の削減に及ぼす認知支援の効果:時系列分析

・著者らは、自施設へのスガマデクス導入後、医薬品コストが増加することを観察した。 スガマデクスの使用を減らす要請があった後、著者らは、拮抗薬を選択するのに役立つ認知支援を提示した。本研究の目的は、認知支援の提示後にスガマデクスの使用が変化したかどうかを調査することであった。著者の仮説は、スガマデクスの使用とそれに関連するコストが減少する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more