テーマ:腹腔鏡

腹腔鏡補助下の脳室腹腔シャント留置および手術時間と総病院費用の削減

・脳室腹腔シャント(VPS)の留置では、腹部カテーテルの遠位留置は通常、脳外科医によって行われる。より最近では、一般外科医による腹腔鏡下(LA)腹腔内カテーテルの留置が一般的になっている。本研究では、VPS の LA 留置(LAVPS)が手術時間の短縮、病院費用の削減、遠位部の修正の減少に関連しているかどうかを調べた。 ・2013…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

婦人科腹腔鏡検査後の急性術後痛の予測因子の特定

・婦人科腹腔鏡検査後の痛みは軽微であると想定されているが、多くの女性は麻酔回復室(PACU)で術後の予期しない痛みに苦しんでいる。これらの患者を事前に特定することは、効果的な鎮痛にとって重要である。そこで、婦人科腹腔鏡検査後の術後急性疼痛の予測因子を調査しようとした。 ・婦人科腹腔鏡検査を受ける 280 人の患者のデータを分析した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肺加圧操作は、小児の腹腔鏡検査中の虚脱を防ぐ:無作為化比較試験

・二酸化炭素気腹と麻酔は、小児の腹腔鏡検査中に肺通気を損なう。これらの変化は、肺超音波(LUS)によってベッドサイドで検出およびモニターできる。本研究の目的は、腹腔鏡検査を受ける小児に LUS を用いて、全身麻酔と二酸化炭素気腹が肺虚脱に及ぼす影響と、肺加圧操作の潜在的予防効果を評価することであった。 ・アルゼンチンのマールデルプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

婦人科腹腔鏡検査後の術後悪嘔吐の発生率:標準麻酔法とプロポフォール注入の比較

・研究の目的は、婦人科腹腔鏡下で、サイオペントン/イソフルランを用いた標準的麻酔と比較して、術後悪心嘔吐の発生を減少させる上でのプロポフォールベース麻酔の安全性、有効性、実現可能性を調査することであった。 ・教育病院の手術室と麻酔回復室での、無作為化単盲式(使用した麻酔法について)、二重盲式(術後評価について)対照試験で、60 人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more