テーマ:気道合併症

成人の術後気道合併症を予防するための静脈内リドカイン:系統的レビューとメタ分析

・全身麻酔を受ける手術患者では、抜管時の咳嗽がよく見られ、潜在的に危険な合併症を引き起こす可能性がある。著者らは、咳嗽や他の気道合併症を防ぐための周術期中のリドカインの静脈内投与の有効性と安全性を評価するために、系統的レビューとメタ分析を実施した。 ・著者らは、全身麻酔下で手術を受ける成人患者で、周術期静脈内リドカイン投与を対照群…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気道合併症に及ぼす長期経喉頭挿管の影響:後ろ向き比較分析

・:気管切開術は通常、長期経喉頭挿管術(PTLI)を必要とする集中治療室(ICU)患者の気道管理を容易にするために提案されている。医師がそれを 2 週間以上にわたって行うことを躊躇し遅らせることは珍しいことではないが、PTLI 後の臨床的に認められる気道への悪影響についてはほとんど議論されていない。そこで、著者らは成人患者でそれらを評価…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頚椎前方手術後の気道管理プロトコール:気道合併症に関連した危険因子の結果分析

・ACSS を受ける患者にとって、術後の気道障害は依然として重要である。これらの合併症の潜在的な重症度にもかかわらず、この問題に対処する出版された文献のデータは希薄である。研究の目的は、頸椎前方お手術(ACSS)を受ける患者の気道合併症の発生率に及ぼす術後気道管理プロトコル(ASAN Extubation Protocol、AEP)の効…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラリンジアルマスクと気管挿管の比較:気道合併症の系統的レビュー

<ハイライト> ・ラリンジアルマスク(LMA)と気管チューブ留置後の術後気道合併症。 ・術後気道合併症には明確な差はない。 ・LMA Supreme は、気道合併症の発生率が最も低いことに関連している。 ・異質性がデータのプールを制限している。 ・LMA の利点を客観化するためには、今後の試験が必要である。 <要旨> ・研…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more