テーマ:併存症

股関節骨折修復を受ける患者の併存疾患と合併症の傾向

・股関節骨折患者は、その重大な併存疾患の負担と合併症率と死亡率の高い発生率に関連するさまざまな周術期の課題を抱えている。地域住民の傾向データは以前として稀であることから、著者らは、股関節骨折修復手術後患者の人口統計と転帰における米国の全国的傾向を調査することを目指した。 ・施設倫理委員会の承認(IRB#2012-050)の後、股関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内科的併存症と周術期同種赤血球輸血は肩関節形成術後の手術部位感染の危険因子である

・複数の周術後因子が、肩関節形成術後の感染リスクに関与している。本研究の目的は、肩関節の、初回のあるいは再形成術後、内科的併存症や輸血による手術部位感染(SSI)リスクを調査することであった。 ・単施設でで片側または全肩関節形成術を受けた 707 例の患者に対して、内科的併存症、手術適応、周術期輸血、SSI の包括的データを収集し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more