テーマ:IV-PCA

帝王切開後 24 時間以内の疼痛緩和のための異なるスフェンタニル+トラマドール併用の比較

・帝王切開後の疼痛管理は、母体と新生児にとって重要である。本研究は、術後疼痛管理のために異なるスフェンタニル+トラマドール併用を使用して、静脈内患者管理鎮痛(iv-PCA)に伴う鎮痛効果と有害事象の発生率を比較した。 ・2013 年 9 月から 2017 年 3 月まで脊柱管麻酔下で帝王切開を予定し、iv-PCA を受けた分娩患者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後疼痛管理と胃癌切除後の短期的転帰に及ぼす患者管理硬膜外鎮痛と患者管理静脈麻酔の効果

・手術後のリハビリテーションには有効な術後鎮痛が不可欠である。多くの研究は、開腹手術のための術後疼痛管理の異なる方法を比較してきた。しかし、結論は矛盾していて議論の余地があった。さらに、胃癌(GC)切除に焦点を当てた研究はほとんどない。本研究は、術後疼痛管理と GC 切除後の短期的回復に及ぼす患者管理硬膜外鎮痛(PCEA)の効果を、患者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下根治的前立腺切除術のための患者管理硬膜外鎮痛と患者管理静脈鎮痛との比較

・患者管理硬膜外鎮痛(PCEA)は、腹腔鏡手術を含む多くの術式において良好な術後鎮痛を提供することが知られている。しかし、腹腔鏡下根治的前立腺切除術(LARP)において、PCEA と患者管理静脈内鎮痛(PCIA)とを比較した研究はない。本研究では、LARP 後の PCEA と PCIA の有効性および副作用を比較した。 ・40 人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経腟分娩に際しての硬膜外麻酔の代替法としてのレミフェンタニル:無作為化試験のメタ分析

・硬膜外鎮痛は分娩時疼痛管理のゴールデンスタンダードと考えられているが、臨床的禁忌または利用可能性のために使用が制限される場合があり、適切な代替選択肢が必要となる場合がある。このメタ分析の目的は、無作為化試験からのエビデンスが、レミフェンタニル PCA(R-PCA)が、従来の硬膜外鎮痛(EA)と比較して母体満足度、鎮痛効力、安全性に有意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more