テーマ:SGA

声門上気道器具による全身麻酔後の咽喉痛に対する術前ガム咀嚼の効果:無作為化対照試験

・術後咽頭痛(POST)は、声門上気道(SGA)器具による全身麻酔後も珍しくない。いくつかの薬理学的および非薬理学的手段が POST を減らす可能性があると報告されたが、制限事項や成功率がいろいろであるため、POST を軽減するためのより簡単で効果的な方法を見いだす必要がある。 ・本前向き観察者盲式無作為化比較試験では、SLIPA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開分娩の低リスク患者における声門上気道器具と気管挿管の比較:系統的レビューとメタ分析

・帝王切開(CD)に際しての声門上気道(SGA)器具の安全性と有害事象率は十分には特徴付けられていない。本レビューの主な目的は、待機的 CD に際して、SGA は気管挿管よりも初回通過成功率が高く、挿入時間が短いかどうかを判断することであった。副次目的は、全身麻酔(GA)下での待機的 CD において、気管挿管と比較した SGA 使用に関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いろいろな種類のラリンジアルマスク留置が右内頸静脈に及ぼす効果:前向き無作為化対照比較試験

・近年、臨床麻酔の管理のためのラリンジアルマスク(LMA)の頻用とともに、内頸静脈(IJV)の位置と血流に及ぼす LMA の影響がますます注目を集めている。研究の目的は、さまざまな種類の LMA(Supreme LMA、ガーディアン LMA、I-gel LMA)の留置が、右 IJV の位置と血流に及ぼす影響を調査することであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

困難気道が予測される患者における覚醒下声門上気道ガイドの気管支ファイバー挿管:症例シリーズおよび叙述的文献レビュー

・全身麻酔導入後に気道を確保しようとする試みが、潜在的に困難であったり、失敗することによって危害につながる可能性がある場合、困難気道では覚醒挿管が適応となる。従来の覚醒下気管支ファイバー挿管は、経鼻、あるいは、あまり一般的ではないが、経口で行われる。声門上気道器具(SAD)を介した覚醒下経口気管支ファイバー挿管(FBI)はあまり一般的で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ASA「困難気道の管理のための診療ガイドライン」に基づく困難気道管理における SGA の役割

■ 困難気道を管理するための ASA の診療ガイドラインとは何か? ガイドラインは、診療医が意思決定しやすいように支援するために体系的に作成された推奨事項である。このガイドラインは、文献分析だけでなく、専門家や診療家の意見にも基づいて構築されており、有害な結果を減らすことを目的として、困難気道の管理を容易にするためのツールとして機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予期せぬ困難気道の管理に関する最新の DAS ガイドライン 2015 に基づく第二世代声門上気道器具

■ DAS ガイドラインとは何か? 予期せぬ困難気道の管理のための実践ガイドライン。認定された困難気道協会(DAS)と英国の王立麻酔科医協会(Royal college of Anaesthetists:RCoA)とが協力した専門家パネルによって開発された。ガイドラインの全体的な目標は、生命を脅かす可能性のある臨床状況への体系的なアプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《レビュー》 SAD を気管挿管用導管として使用した研究:ファイバー挿管

SGA を介したファイバー挿管 【SGA 同士で比較】 挿管困難予想の麻酔患者で i-gel+Magill チューブと sILMA+ILMA チューブをファイバー挿管 挿管困難が予想される患者で、標準的な RushPVC 気管チューブを i-gel に通した場合と、ディスポの ILMA(sILMA)気管チューブを sILMA に通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《レビュー》 SAD を気管挿管用導管として使用した研究:盲目的挿管

当ブログでこれまでに紹介した「SAD を気管挿管用導管として使用した研究」のうち、「盲目的挿管」についての研究をまとめてレビューした。 1.気管挿管用導管としての声門上気道器具 i-gel と LMAFastrach の比較 初回試行における気管挿管の成功率は I 群で 66%、F 群で 74% であったが、気管挿管の全体的な成功率…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挿管用導管としての小児声門上気道装置の限界 - in vitro研究

・声門上気道器具(SGA)を挿管用導管として使用できるが、小児 SGA に関するデータと製造元の推奨は不完全で、誤解を招くことがある。この状況では、SGA と気管チューブ(ETT)の不適合な併用が使用される可能性がある。このミスマッチの可能性に対処するために、著者らは SGA と ETT の可能な併用の概要を確立するために in vit…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Q:SGA とは?

A:supraglottic airway の略。SAD(Supraglottic Airway Device)と略されることもあるが、気道管理においては、素晴らしく「GLAD」である。代表格は、歴代ラリンジアルマスクや、i-gel、Air-Q。 声門外(extraglottic)、声門周囲(periglottic)、喉頭上(su…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more