テーマ:頭部外傷

緊急開頭術を受ける急性硬膜下血腫患者の脳弛緩、頭蓋内圧、血行動態に関する全静脈麻酔 vs 吸入麻酔の比較:無作為化…

・重症外傷性脳損傷(TBI)患者の麻酔の主な目標は、血行動態の安定性、最適な脳灌流圧の維持、ICP の低下、弛緩した脳の提供である。吸入麻酔薬と静脈麻酔薬の両方が一般的に使用されているが、重症 TBI の麻酔管理にいずれの麻酔法が優れているかについて明確な合意はない。 ・性別を問わず、GCS<8、急性硬膜下血腫の緊急手術に挙げられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重度頭部外傷で、気管リドカイン散布は気管吸引後の頭蓋内圧変化を減少させるか?前向き無作為化交差研究

・気管吸引は人工呼吸器を装着した小児で日常的な処置であるが、重症頭部外傷患者では頭蓋内圧の潜在的に有害な増加をもたらす可能性がある。気管吸引中の頭蓋内圧に及ぼす気管リドカイン投与の影響を評価することを目的とした。 ・三次病院の PICU での前向き無作為化対照交差試験で、対象は、重症頭部外傷の 11 人の患者(グラスゴー昏睡尺度ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児外傷性脳損傷における病院前迅速挿管の有効性:9 年間の観察研究

・外傷性脳損傷(TBI)を伴う小児患者の病院前の気道管理は論争の的である。この分野における小児の気管挿管には、特定のスキルが必要であり、潜在的な利点があるだけでなく、重大な合併症をきたす可能性も伴う。著者らは、訓練された集中治療救急隊員(ICP)による病院前の迅速挿管(RSI)を受けたか、または挿管を受けなかった TBI 小児群間で、6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GCS≦8 の外傷患者における病院前挿管時の鎮静の有無が転帰に及ぼす影響

・無意識(Glasgow Coma Scale[GCS]3~8)は、国のガイドラインにしたがうと挿管を必要とするが、このアプローチを支持するエビデンスが著しく欠如している。本研究は、GCS≦8 の外傷患者における病院前挿管時の鎮静の有無が予後に及ぼす響を評価する。 ・2002 年から 2013 年まで、ドイツ外傷協会の外傷登録 D…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重症頭部外傷後のβ遮断薬は、良好な長期機能的転帰と関係している:対応させた症例対照研究

・重症頭部外傷(TBI)は、外傷後の死亡と機能障害の主な原因である。いくつかの研究でβ遮断薬を投与された TBI 患者の生存率の改善が観察されているが、機能的転帰への影響はほとんど報告されていない。 ・重症 TBI 患者(頭部 AIS≧3)が、5 年間にわたって前向きに収集された TBI データベースから同定された。神経外科 IC…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more