テーマ:リポソームブピバカイン

リポソームブピバカインによる内転筋管ブロックの有効性:無作為化前向き臨床試験

・本研究では、人工膝関節全置換術(TKA)後の疼痛管理のために、リポソームブピバカインの単回投与内転筋管ブロック(ACB) vs 関節周囲注射(PAI)の術後鎮痛効果を比較した。 ・2016 年 5 月から 2017 年 6 月までに、合計 70 人の片側 TKA 患者を 2 群に無作為化した:PAI 群(徐放性ブピバカイン 26…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リポソームブピバカインの臨床効果: 整形外科手術における前向き無作為化対照試験の系統的レビュー

・周術期疼痛管理プロトコルの一部としてのリポソームブピバカインの有用性に関して関心が高まっている。本研究は、整形外科手術後の疼痛緩和のための局所麻酔薬としてのリポソームブピバカインの有効性を批判的に評価するために提案された。 ・PubMed、Embase、Cochrane データベースの検索を使用して、リポソームブピバカインを含む…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肩手術のためのリポソームブピバカインを用いた腕神経叢ブロックは鎮痛を改善しオピオイド消費を減らす:多

・単回注入と持続性末梢神経ブロックの有用性は、それぞれ鎮痛作用持続時間が短いこととカテーテル関連合併症によって制限される。この二重盲式多施設共同試験では、肩関節手術に際して標準化疼痛管理プロトコルにリポソームブピバカイン(LB)を加えた、単回注射、超音波ガイド下腕神経叢ブロック(BPB)の有効性、安全性、薬物動態を評価した。 ・人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

低侵襲胸部手術患者の入院期間に及ぼすリポソーム vs 標準ブピバカインを用いた肋間神経ブロックの影響

・術後疼痛管理は、患者の転帰と病院関連の費用に大きな影響を与えうる。胸腔鏡下ビデオ手術(VATS)を受ける患者の入院期間(LOS)に及ぼすリポソームブピバカインを使用した肋間神経ブロックの効果を評価しようとした。 ・著者らは、VATS 楔状切除術、VATS 肺葉切除術、または低侵襲食道切除術(MIE)を受けた 80 人の患者の転帰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オピオイド鎮痛剤使用を減らすための肥満症手術患者へのリポソームブピバカインによる術前TAPブロック

・術後疼痛は入院および外来手術後の最も一般的な課題のままであり、したがって、オピオイド鎮痛剤は周術期に広く使用されている。本研究の目的は、肥満症手術の周術期におけるオピオイド鎮痛剤の使用を減らす上でリポソームブピバカインを用いた腹横筋膜面(TAP)ブロックの有効性を調査することである。 ・2017 年 9 月 13 日から 201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開後疼痛管理のためのリポソームブピバカインを用いた腹横筋膜面ブロック:後ろ向きの診療録検討

・オピオイド鎮痛薬の有害作用と慢性使用の可能性は、帝王切開という条件下では制限となる。帝王切開後の腹横筋膜面(TAP)ブロックを使用した区域麻酔は、鎮痛を改善し、オピオイド消費量を減少させる可能性がある。帝王切開後疼痛を軽減するためのリポソームブピバカイン(LB)を用いた TAP ブロックの有効性は不明である。 ・著者らは、LB …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全肩関節形成術後にリポソームブピバカイン浸潤と斜角筋間ブロックは、同様の疼痛緩和をもたらすか?

・全肩関節形成術(TSA)後の疼痛管理に際してリポソームブピバカイン(LB) vs 斜角筋間ブロック(INB)の有効性と安全性に関して、依然として論争が存在する。今回のメタ分析の目的は、TSA 後の疼痛管理に際して LB ベースの浸潤 vs INB の有効性と安全性を比較するために、比較的信頼できる総合評価を行うことであった。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胸腔鏡下肺葉切除術後のリポゾームブピバカインの創部浸潤と比較して胸部硬膜外はオピオイド消費量が減少

・胸腔硬膜外鎮痛(TEA)は、胸部外科手術における術後疼痛管理のゴールデンスタンダードと考えられているが、低血圧、尿貯留、出血の望ましくないリスクと関連している。最近、TEA に匹敵する代替法として、リポソームブピバカイン(LB)による手術部位浸潤が示唆されている。著者らは、肺葉切除のためのビデオ補助下胸腔鏡手術(VATS)を受ける際に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人患者での扁桃摘出術後のリポソームブピバカインの無作為化単盲式試験

・研究の目的は、成人患者の扁桃摘出術後疼痛の管理において、リポソームブピバカイン(Exparel)が安全かつ有効であるかどうかを調査することであった。 ・大学関連四次医療センター(Mayo Clinic、Rochester、Minnesota)での前向き単盲式無作為化比較試験で、2015 年 5 月から 2016 年 12 月まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肩関節形成術における注射可能リポソームブピバカインと比較した斜角筋間ブロックの無作為化対照試験

・斜角筋間腕神経叢ブロックの欠点には、実施上の失敗と反跳痛が含まれる。ブピバカイン(Bupivacaine)リポソーム注射用懸濁液は、徐放性製剤であり、手術部位投与に使用される。本研究の目的は、肩関節形成術を受ける患者でこれらの 2 つの術後疼痛管理戦略を評価することであった。 ・初回肩関節形成術を受ける被験者の非盲式無作為化比較…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肩関節形成術後の疼痛管理のためのリポソームブピバカイン vs 斜角筋間ブロック:メタ分析

・全肩関節形成術(TSA)後の術後疼痛管理は困難である可能性がある。リポソームブピバカインと斜角筋間ブロックは、TSA 患者のためのよく用いられる 2 つの疼痛管理プロトコールである。しかしながら、リポソームのブピバカインが斜角筋間ブロックよりも優れているかどうかは不明であった。本メタ分析は、TSA を受ける患者の疼痛管理として、斜角筋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通常の硬膜外鎮痛 vs リポソームブピバカインを用いた腹横筋膜面ブロック:結腸直腸手術で無作為試験

・結腸直腸手術は、回復強化プロトコル(ERP)の焦点である。腹部外科手術に際しての腹横筋膜面(TAP)ブロックを使用することは、ERP において有効性が実証されているが、鎮痛以外の臨床因子に及ぼす硬膜外 vs TAPの直接比較は現在のところ発表されていない。本研究の主目的は、結腸直腸手術における在院期間に及ぼす硬膜外鎮痛と TAP の効…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膣後壁手術後の術後疼痛に対するリポソームブピバカインの有効性:無作為化二重盲式プラセボ対照試験

・研究の目的は、治験薬(徐放性リポソームブピバカイン)とプラセボ(生食)を比較して、後膣壁手術後 1 日目と 3 日目の累積術後膣痛を評価することである。副次目的は、術後 7 日目の膣痛と、1、3、7 日目のモルヒネ換算麻薬使用量を評価することであった。 ・これは、WRNMMC 泌尿器婦人科から募集した 100 人の被験者を対象と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同時両側全膝関節形成術におけるリポソームブピバカインの全身的安全性

・局所麻酔薬を用いた術中関節周囲注入(PAI)は、全関節形成術(TJA)におけるマルチモーダル疼痛管理の重要な要素である。リポソームブピバカインは、鎮痛作用が長く続くように考えられたブピバカインの持続放出製剤であり、単一の手術部位での使用が承認されている。両側の同時 TKA(bTKA)に際して各膝にフルドーズ量を使用した場合の全身的安全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観血的整復と内固定を必要とする足関節骨折で、標準的ブピバカインとともに投与したリポソームブピバカイン

・研究の目的は、足関節骨折の手術固定を受けた患者の術後疼痛管理に際し、プラセボと比較したリポソームブピバカインの有効性を調査することであった。 ・大学病院での前向きの単盲式無作為化比較試験。施設審査委員会(施設倫理委員会)の承認後、手術固定を必要とする急性足関節骨折(OTA/AO 44A-C)を受けた 76 人の患者が包含基準を満…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more