テーマ:イソフルラン

心臓手術において全静脈麻酔は既存の僧帽弁逆流の程度をイソフルラン麻酔よりも良好に維持した:無作為化対照試験

・僧帽弁逆流症(MR)の正確な評価は、僧帽弁修復手術中に重要である。しかしながら、麻酔は、心臓の前負荷・後負荷、あるいは心収縮性を変化させることによって僧帽弁逆流の程度に影響を及ぼし得る。そこで、既存の僧帽弁逆流症患者における全静脈麻酔(TIVA)と吸入麻酔による僧帽弁逆流症の変化を比較した。 ・これは 2018 年に三次医療セン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カフェインは、ヒトのイソフルラン麻酔からの覚醒を早める:無作為化二重盲式クロスオーバー試験

・現在全身麻酔を拮抗する臨床的に利用可能な薬物はない。著者らは以前、カフェインがげっ歯類の麻酔からの覚醒を早めるできることを報告した。本研究は、カフェインがヒトの麻酔からの覚醒を早めるという仮説を検証するために実施された。 ・著者らは 8人の健康な男性を対象とした、単施設無作為化二重盲式クロスオーバー試験を実施した。各被験者を 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イソフルラン麻酔終了時に添加された亜酸素化窒素は、術後の嘔気嘔吐のリスクを増加させることなく早期回復

・亜酸素化窒素(N2O)は、術後悪心嘔吐(PONV)のリスクを用量依存的に増加させることが報告されている。著者らは、イソフルラン吸入麻酔の終了時 にN2O を添加することが回復と PONV 発生率に及ぼす効果を調べた。著者らの仮説は、N2O はPONV の発生率を増加させることなく早期回復までの時間を短縮することであった。 ・倫理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アジア人高齢者集団で麻酔に際してのイソフルラン消費量と回復過程に及ぼすバイスペクトル指数モニタリング

・高齢者における年齢に関連する生理学的予備能が限られていることと関連する併存症は、副作用を最小限に抑えるために吸入麻酔薬を注意深く調節する必要がある。バイスペクトル指数(BIS)モニタリングの使用は、この点で有用かもしれない。本研究の目的は、麻酔維持中のイソフルラン消費量と、麻酔終了時の回復過程時に及ぼす BIS モニタリングの効果を評…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一定のバイスペクトル指数での皮膚切開のためのイソフルラン最小肺胞濃度に及ぼすマルチモーダル鎮痛の効果

・揮発性麻酔薬との相乗作用によるマルチモーダル鎮痛(MMA)は、それらの使用を最小限に抑え、したがって、手術室の汚染と温室効果ガスの排出を減少させる。研究の目的は、一定のバイスペクトル指数(BIS)下で、研究群で MMA を使用した場合と、対照群で通常の処方を行った場合とで、皮膚切開に対するイソフルラン(ISO)の必要最小肺胞濃度(MA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more