テーマ:敗血症性ショック

ノルエピネフリンとバソプレッシン:敗血症性ショックで最初に中止すべき昇圧剤はどれか?メタ分析

・ノルエピネフリン(NE)注入だけでは血圧を上げるのに不十分な敗血症性ショック患者は、バソプレシン(VP)の併用投与が必要である。しかし、現ガイドラインでは、患者の敗血症性ショックが解消し始めたら、どの血管作用薬を最初に中止するかについて臨床医に助言されていない。さらに、NE と VP の併用療法を受けている敗血症性ショック患者の昇圧剤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

敗血症性ショックと高血圧症既往患者の微小循環に及ぼすノルアドレナリンによる血圧上昇の影響

・研究の目的は、敗血症性ショックと全身性動脈性高血圧症既往のある患者で、平均動脈圧の増加が、動脈性高血圧症のない患者(対照)と比較して微小循環性と全身性血行動態変数を変化させるかどうかを評価することであった。 ・教育病院 2 施設にある ICU 3 室での前向き非盲式介入研究で、説明と同意の後、年齢 18 歳以上の敗血症性ショック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノルエピネフリンとバソプレッシンの同時注入中の敗血症性ショック患者における昇圧薬の中止戦略の評価

・ノルエピネフリン(NE)とバソプレシン(VP)を併用した敗血症性ショック患者では、昇圧薬の中止方法について臨床医をガイドするデータはほとんどない。研究の目的は、敗血症性ショック患者で最初に NE を中止(NE DC) vs 最初に VP を中止(VP DC)してから 24 時間以内の低血圧の発生率を調査することであった。 ・この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

敗血症性ショック回復期におけるノルエピネフリンよりも先のバソプレッシン中止

・敗血症性ショックの回復期における昇圧薬の中止に関するガイダンスは限られている。ノルエピネフリンはより容易に調節できる。しかし、敗血症性ショックはバソプレシン不足状態であり、外因性バソプレシンはこれを解消しようとする。ノルエピネフリンよりも先にバソプレッシンを中止すると、臨床的に有意な低血圧を引き起こす可能性がある。 ・本後ろ向き…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

敗血症性ショックの回復期の患者で血管作動薬中断順序に基づく低血圧リスク

・敗血症性ショックを有する患者は、しばしば循環動態補助のために血管作動薬を必要とする。しかし、一旦患者が回復期に達してから、これらの薬剤を中止するための最適なアプローチは現在知られていない。この評価の目的は、敗血症性ショック回復期の患者で、ノルエピネフリン(NE)とバソプレッシン(AVP)の中止順序に基づいて、24 時間以内の低血圧の発…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

敗血症性ショックを有する内科集中治療室患者でのノルエピネフリン開始前の低血圧持続期間が及ぼす影響

<ハイライト> ・敗血性ショックにおけるノルエピネフリン(NE)開始の最適なタイミングは不明である。 ・本研究では、ICU 転帰に及ぼす NE 開始前の低血圧持続期間を評価した。 ・NE 開始までの 1 時間の遅延は、ICU 転帰不良とは関連していなかった。 <要旨> ・研究目的は、敗血症性ショックを有する MICU 患者で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more