テーマ:経鼻挿管

経鼻気管挿管での鼻腔から中咽頭への気管チューブの前進に及ぼす頸部伸展の影響:無作為化比較試験

・臨床医は、経鼻気管挿管中に鼻孔を介して鼻腔から中咽頭に挿入される気管チューブを進める際に抵抗を受けることがある。本研究の目的は、経鼻気管挿管中の鼻腔から中咽頭への気管チューブの前進に及ぼす頸部伸展の影響を調査することであった。 ・本無作為化比較試験では、患者を「頸部伸展群(E 群)」または「中立位群(N 群)」に無作為化した。麻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児における頭頸部運動に伴う気管チューブの深さの変化

・気管チューブは、しばしば歯科手術に際しては経鼻的に挿入される。手術中に頭位が時々変化するので、チューブ先端の位置は重要である。頭部の動きは、気管の長さ(t-長)および/または鼻孔と声帯の距離(n-v 距離)の変化を誘発する。本研究では、経鼻気管挿管を行っている小児で、t-長と n-v 距離の変化を調べた。 ・歯科手術を受ける年齢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日常的経鼻挿管時のエアウェイスコープとマッキントッシュ喉頭鏡と比較した McGrath MAC 喉頭

・McGrath MAC ビデオ喉頭鏡は、優れた喉頭鏡視野を提供し、場合によっては気管挿管の成功率を高める。McGrath MAC と エアウェイスコープ、マッキントッシュ喉頭鏡を比較することにより、McGrath MAC のルーチンの経鼻気管挿管に際しての有用性を調査することが目的であった。 ・ASA-PS 1/2(年齢 20-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チュウラー式による経鼻気管挿管の適切な留置長の推定

・研究の目的は、チュウラー式が経鼻気管挿管の適切な留置長を予測できるかどうかを評価することであった。 ・これは、2005 年 12 月から 2007 年 3 月までに経鼻気管挿管(男性で 8.0、女性で 7.0)による全身麻酔を受けた 100 人の患者(50 人の男性と 50 人の女性)の前向き研究であった。チュウラー式を使用して…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ブジーを使用した場合としない場合の経鼻気管挿管:ビデオ喉頭鏡下の年長小児と成人での前向き無作為試験

・従来、経鼻気管挿管は、盲目的鼻腔通過と声門を通過させるためのチューブの外的操作から成っており(「従来法」)、この方法は鼻外傷の発生率が高かった。本著者らは、ブジーを使用したルーチンの睡眠(すなわち導入後)下の経鼻挿管(「ブジー法」)のための新しいテクニックを評価した。これは、セルジンガー式の気管挿管ガイドとして使用するために、鼻咽頭エ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

正常気道患者で、グライドスコープ・ビデオ喉頭鏡下経鼻挿管にマギル鉗子 vs 血管鉗子

・グライドスコープ・ビデオ喉頭鏡(GVL)は、歯科と顔面形成手術での経鼻気管挿管に広く使用されている。Magill 鉗子の角度は GVL ブレードの角度と異なっており、Magill 鉗子は GVL 用の理想的な鉗子ではないことが示唆される。本研究の目的は、GVL を使用した経鼻気管挿管に際して Magill 鉗子 vs 血管鉗子の有効性…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

マッキントッシュ喉頭鏡よりも、ファイバーを用いた経鼻挿管後の術後咽頭痛が少ない:二重盲式無作為試験

<ハイライト> ・挿管に際してのファイバースコープ気管支鏡とマッキントッシュ喉頭鏡の比較 ・気管支鏡では、経鼻挿管後の術後咽頭痛が軽減した。 ・挿管時間は、ファイバ気管支鏡を用いた方が有意に短かった。 ・鼻粘膜外傷の発生率は同等であった。 ・循環動態反応は有意差がなかった。 <要旨> ・研究目的は、気管支鏡を用いた経鼻気管…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more