テーマ:腹腔鏡検査

婦人科領域の腹腔鏡検査を受ける患者の術後疼痛に対する局所麻酔薬の効果:無作為化試験の系統的レビューとメタ分析

・痛みは依然として婦人科腹腔鏡検査後のよく見られる合併症である。局所麻酔の使用は、術後痛の軽減に有効であると考えられる。著者らは、局所麻酔薬が腹腔鏡下婦人科手技の術後疼痛を減少させるかどうかを評価するために、系統的レビューとメタ分析を行った。 ・MeSH とフリーテキストを併用して、Cumulative Index to Nurs…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

婦人科腹腔鏡検査における腹腔鏡ガイド下腹横筋膜面ブロック vs トロカール部位局所麻酔浸潤

・術後痛の緩和と身体活動の迅速な再開は、患者および外科医にとって最も重要である。局所麻酔薬の浸潤は、よく使用される術後疼痛管理の方法である。腹腔鏡下に注入された腹横筋膜面ブロックは、超音波ガイド下腹横筋膜面ブロックの新しい変法である。 ・本研究は、婦人科腹腔鏡検査後の疼痛管理として、腹腔鏡ガイド下の腹横筋膜面ブロックの有効性を、ト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡検査中の気腹と患者体位が頭蓋内圧に及ぼす影響:前向き比較研究

・研究目的は、視神経鞘径(ONSD)の超音波計測を用いて、腹腔鏡手術中の気腹と頭位が頭蓋内圧(ICP)に及ぼす影響を評価することであった。 ・三次病院での前向きの観測研究(カナダタスクフォース分類 II-1)。ASA 分類 1で肥満指数≦29kg/m2、年齢 15 歳から 50 歳の 61 人の女性が、2015 年 11 月から …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more