テーマ:術後回復

前方股関節全置換術後の回復の質に及ぼす局所浸潤鎮痛の影響:無作為化三重盲式プラセボ対照試験

・局所浸潤鎮痛(LIA)は、一般的に前方全股関節形成(THA)手術で使用される。しかし、その有効性のエビデンスは不足している。プラセボ(0.9% 生食)の注射と比較した場合、0.2% ロピバカインを含む LIA は、Quality of Recovery-15(QoR-15)スコアで測定した、術後日(POD)第 1 日目の患者の回復の質…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more