テーマ:硬膜外血液パッチ

産科における硬膜穿刺後頭痛の管理:前向き、国際的、コホート研究

・偶発的硬膜穿刺は、硬膜外鎮痛のまれな合併症であり、硬膜穿刺後頭痛(PDPH)を引き起こす可能性がある。著者らは、管理手順と硬膜外血液パッチ(EBP)または EBP なしで PDPH を治療した後の転帰を明らかにすることを目的とした。 ・倫理委員会の承認後、偶発的硬膜穿刺後に PDPH を発症した患者を参加国から募集し、EBP を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

分娩女性の偶発的硬膜穿刺後のクモ膜下カテーテル挿入:メタ分析と試験逐次分析の最新情報

・2013 年のメタ分析では、偶発的硬膜穿刺後にカテーテルをクモ膜下に挿入することで、硬膜外鎮痛を要望する女性の硬膜外血液パッチの必要性を減らす可能性があることが示された。従来のメタ分析を更新し、試験逐次分析(TSA)を追加した。 ・系統的文献検索を実施して、クモ膜下にカテーテルを挿入したのと、硬膜外カテーテルを再留置、あるいは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

分娩患者にクモ膜下カテーテルを挿入すると、硬膜穿刺後頭痛のリスクが軽減される:後ろ向き研究とメタ分析

・本研究は、産科患者における偶発的硬膜穿刺(ADP)後のクモ膜下カテーテル挿入が、硬膜穿刺後頭痛(PDPH)の発生率と治療的硬膜外血液パッチ(TEBP)の必要性を低減できるかどうかを調査することを目的とした。これはまた、異なる椎間で硬膜外カテーテルを再留置することと比較された。 ・後ろ向き研究、ならびに著者らの知見をさらに検証する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認識された偶発的硬膜穿刺後のクモ膜下カテーテル挿入は、妊婦の硬膜外血液パッチの必要性を減少させる

<ハイライト> ・硬膜穿刺後頭痛は、偶発的硬膜穿刺のよくある合併症である。 ・クモ膜下カテーテル法は頭痛発生頻度に有意には影響しなかった。 ・クモ膜下カテーテル法は、硬膜外血液パッチ(EBP)の必要性を減少させ、 ・24 時間以上のクモ膜下カテーテルは、24 時間未満と比較して EBP 率を変化させなかった。 <要旨> ・妊…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大規模産科麻酔集団における硬膜穿刺後頭痛と硬膜外血液パッチ

・産科麻酔において、硬膜穿刺後頭痛(PDPH)が最もよくある重大な合併症である。著者らは、産科麻酔科で確立されたプロトコルに従って、偶発的硬膜穿刺(ADP)、PDPH、硬膜外血液パッチ(EBP)、および関連する合併症の発生率を示す。 ・66,540 件の硬膜外無痛分娩において実施された観察前向き分析的研究である。目的は、大規模産科…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硬膜穿刺後頭痛<レビュー記事>

Postdural Puncture Headache <Review Article> Anesthesiology Research and PracticeVolume 2010 (2010) 硬膜穿刺後頭痛(PDPH)は、August Bier が1898年に最初の症例を報告して以来、硬膜穿刺に引き続いて起こるやっかいな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more