テーマ:ランドマーク法

超音波 vs ランドマークを指標としたの鎖骨下静脈カテーテル法:三次紹介病院からの前向き観察研究

・これは、鎖骨下静脈カニューレ挿入のためのリアルタイム超音波とランドマーク指標法の有効性を比較するために計画された、単施設での観察前向き研究であった。 ・それぞれ 74 人の連続患者の 2 群は、鎖骨下静脈カテーテル留置を受けた。1 群には、超音波ガイド下法を使用して研究した集中治療室の患者が含まれた。もう 1 群には、ランドマー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超音波走査を用いた輪状軟骨局在化のための従来のランドマーク法の精度に関する多施設前向きコホート研究

・誤嚥の危険性を減少させるために、迅速導入の際に輪状軟骨圧迫を用いる。輪状軟骨圧迫の正確な適用は、頚部解剖学的知識と表面のランドマークの正確な同定に依存する。迅速導入中に輪状軟骨の局在化が不正確であると、不完全な食道閉塞のリスクをもたらし、胃内容物の誤嚥の可能性を伴う。それはまた、麻酔科医の喉頭視野を損なう可能性がある。したがって、輪状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外科医が行った中心静脈カテーテル留置のメタ分析:リアルタイム超音波 vs ランドマーク法

・主要な保健期間は、外科医でない医師が CVC を留置した研究に基づいて、経皮的に中心静脈カテーテル(CVC)を挿入する際に、リアルタイム超音波(RTUS)ガイドを推奨している。著者らは、外科医が行った RTUS ガイド CVC 挿入と従来のランドマーク法の転帰を比較するためにメタ分析を行った。 ・文献の系統的レビューを実施して、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more