テーマ:トレンデレンブルグ体位

婦人科腹腔鏡手術後の肩の痛みに対する術後トレンデレンブルグ体位の影響:無作為化臨床試験

・腹腔鏡手術は、開腹手術と比較して合併症率、疼痛、費用が低いため、多くの婦人科手術の標準治療となっている。残念なことに、気腹に二酸化炭素(CO2)を使用することは、術後の肩の痛みの主な原因である。 ・著者らは、婦人科腹腔鏡手術後の肩の痛みに対する術後トレンデレンブルグ体位の影響を評価することを目指している。トレンデレンブルグで患者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仙骨前面固定術時の気腹と急峻なトレンデレンブルグ体位が心拍変動と大脳酸素化に及ぼす影響

・本研究の目的は、気腹を伴う急峻なトレンデレンブルグ体位が、ロボット仙骨前面固定術時の脳酸素化と心拍変動の自律神経系調節をいかに変化させるかを調査することであった。 ・麻酔導入直後(ベースライン相)と、体位変換と腹腔内圧の変更後に、5 分間のコンピュータ化 ECG、脳酸素飽和度(cSO2)、全身酸素飽和度(sSO2)、心拍数(HR…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more