テーマ:α2アドレナリン受容体作動薬

α2-アドレナリン受容体作動薬は、内因性カンナビノイド系を介して末梢抗侵害受容を誘導する

・キシラジンは、獣医学および動物実験で広く使用されている α2 アドレナリン受容体作動薬であり、全身麻酔をかけることなく鎮痛、鎮静、筋弛緩をもたらす。キシラジンによって誘導される末梢抗侵害受容に関与するメカニズムの知識の欠如、アドレナリン作動性と内因性カンナビノイドシステム間の潜在的な相互作用を考慮して、本研究ではキシラジンのメカニズム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more