テーマ:脳梗塞

左上葉切除後に硬膜外カテーテルを留置した患者での急性脳梗塞:症例報告

・左肺上葉切除術は、術後血栓塞栓症の発症の危険因子であるとするいくつかの最近の報告がある。硬膜外鎮痛の実施は胸部手術では一般的であるが、左上葉切除術を受ける患者に硬膜外鎮痛を施行する際には、術後の血栓塞栓症のリスク増加と術直後の抗凝固療法や線溶療法の必要性を考慮すると、麻酔科医は注意が必要である。 ・転移性肺病変を有する 71 歳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急性虚血性脳梗塞の血管内治療における麻酔選択の転帰

・血管内治療(EVT)を受ける急性虚血性脳梗塞患者の麻酔の種類と転帰との間の関連性は、引き続き議論の対象となっている。 ・本前向き無作為化比較試験には、EVT を受けた急性前脳循環梗塞患者 149 人が含まれた。主要評価項目は、3 ヵ月後の修正ランキンスケール(mRS)によって評価された機能的独立性であった。 ・EVT を受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心臓外科手術における脳梗塞と関連した術中低血圧閾値を明らかにする

・脳梗塞は、心臓手術を受ける患者の合併症率、死亡率、機能障害の主要な原因である。修正可能な周術期の脳梗塞リスク因子を特定することは、患者の転帰を改善する可能性がある。心臓手術を受ける患者の術中低血圧の重症度・持続期間と術後脳梗塞との間の関連性を評価した。 ・2009 年 11 月 1 日~ 2015 年 3 月 31 日に三次施設…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔下での急性虚血性脳梗塞の血管内治療:良好な予後の予測因子

・麻酔法の選択、全身麻酔(GA) vs 監視下鎮静は、急性虚血性脳梗塞(AIS)に対する血管内治療を受ける患者の転帰に影響を与える可能性がある。本研究の目的は、AIS に際して GA を受ける患者の退院時の良好な転帰に関連する因子を同定することであった。 ・2010 年から 2014 年まで総合脳梗塞センターで GA 下に AIS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

集中治療室に入室した脳梗塞患者の生存と機能予後の臨床予測因子

・研究目的は、ICU に入室した成人脳梗塞患者の長期的全死因死亡と機能予後に対する、ICU 入室時に一般的に使用されている臨床変数の予測値を調査することであった。 ・北大ロンドン中北部のロンドン大学病院の一般および脳神経外科 ICU での後ろ向き的観察コホート研究である。2010 年 2 月から 2012 年 5 月までに入院した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重症患者における死亡率および脳梗塞発症率に及ぼす新規発症心房細動持続の影響:後向きコホート研究

<ハイライト> ・新規発症 AF は 1718 例中 151 例(9%)で発生した。 ・AF 発症 6 時間後に、52 人の患者(34%)が AF のままであった。 ・6 時間後の AF は、6 時間後の洞調律よりも院内死亡率が高かった。 ・AF が長く続くほど、院内死亡率と虚血発作発症率が高かった。 <要旨> ・本試験の目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

周術期動脈血低酸素化は心臓手術における脳梗塞リスクの増加と関連している

・患者の特徴と術中因子の両方が、心臓手術後の脳梗塞の高リスクと関連付けられてきた、著者らは、周術期の全身的酸素化不良が人工心肺術後の脳梗塞のリスク上昇と関連していると仮説を立てた。 ・2003 年から 2006 年に単施設で人工心肺手術を受けた 251 人の成人患者を対象とした本研究では、症例(手術後少なくとも 24 時間の術後脳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

周術期の脳梗塞

Perioperative stroke. Can J Anaesth. 2016 Feb;63(2):193-204. Epub 2015 Sep 21. ・周術期脳梗塞は、相当な合併症と死亡に関連しており、その発生率は正当に評価されていない可能性がある。このレビューでは、周術期脳梗塞の予防と管理の意義、病態生理、リスク要因、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more