テーマ:僧帽弁逆流

心臓手術において全静脈麻酔は既存の僧帽弁逆流の程度をイソフルラン麻酔よりも良好に維持した:無作為化対照試験

・僧帽弁逆流症(MR)の正確な評価は、僧帽弁修復手術中に重要である。しかしながら、麻酔は、心臓の前負荷・後負荷、あるいは心収縮性を変化させることによって僧帽弁逆流の程度に影響を及ぼし得る。そこで、既存の僧帽弁逆流症患者における全静脈麻酔(TIVA)と吸入麻酔による僧帽弁逆流症の変化を比較した。 ・これは 2018 年に三次医療セン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more