テーマ:閉塞神経と大腿三角ブロック

高用量静脈内デキサメタゾン併用の全膝関節形成術後の大腿三角と閉鎖神経ブロック鎮痛は局所浸潤鎮痛より優

・高用量の静脈内デキサメタゾンは、術後のオピオイドの必要量を減らし、膝関節形成術(TKA)後のマルチモーダル鎮痛戦略に含まれることが多い。閉塞神経と大腿三角ブロック(OFB)の併用は、局所浸潤鎮痛(LIA)よりも TKA 後のオピオイド消費量と疼痛を低減する。問題は、術前の高用量静脈内デキサメタゾンが LIA と比較して OFB の優れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more