テーマ:大腿骨骨折

大腿骨骨折手術に際しての脊椎麻酔後の超高齢患者における術後早期の酸素飽和度低下の予測:後ろ向き分析

・高齢者の術後の酸素飽和度低下は、文献ではめったに取り上げられていない。本後ろ向き研究の目的は、術前の肺機能検査と動脈血ガス分析により、超高齢患者の脊椎麻酔後の術後酸素飽和度低下を予測できるかどうかを調査することであった。 ・大腿骨頸部骨折に対して脊椎麻酔を受けた 399 人の患者(年齢 80 歳以上)の診療記録を後ろ向きにレビュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more